アンジェラ・ヒューイット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アンジェラ・ヒューイットOC, OBE(Angela Hewitt, OC, OBE 1958年7月26日 - )は、カナダピアニストオンタリオ州オタワで教会オルガニストを務める父ゴドフリーがイギリス人のため、イギリスとカナダの二重国籍である。

経歴[編集]

3歳でピアノの学習を始め、4歳で公開演奏を行い、5歳で最初の奨学金を受ける。ピアノのほかにヴァイオリンリコーダーバレエも学ぶほどの早熟ぶりであった。最初のリサイタルは9歳のときトロント王立音楽院で行う。1964年から1973年までトロント音楽院に学んだ後、オタワ大学にてフランス人ピアニストのジャン=ポール・セヴィラに師事した。

活動[編集]

著名なオーケストラと共演して国際的な活動を続けるかたわら、数々の録音を残す。1994年よりハイペリオン・レーベルと契約して、バッハクラヴィーア作品の全曲録音に挑んでいる。他方でフランス音楽を好み、フランソワ・クープランショパンシャブリエラヴェルメシアンらのピアノ曲を録音している。

1985年よりロンドンに暮らすが、イタリアウンブリア州にも住まいがある。2005年よりマジョーネにて定期的にトラジメーノ音楽祭を開催し、その芸術監督を担当している。

功績[編集]

スタイル[編集]

多岐にわたる作曲家の作品群を精力的に展開しているが、トロント国際バッハ・ピアノ・コンクールにおいて優勝したことからも、特にバッハの演奏においては、「当代一のバッハ弾き」との称号が広く謳われている。平均律クラヴィーア曲集全曲演奏ツアーでは大きな評価を世界から博した。水入りのコップを6個、ピアノ脇に置いて演奏し、途中にその水を飲みながら進める独特の演奏スタイルを見せる。

近年は、イタリア製のFAZIOLIピアノを愛用しており、自宅の他、ツアーに運んで使用しており、日本のリサイタルでも毎回ホールへ持ち込んでいる。2010年も4月に日本ツアーが各地で開催された。

外部リンク[編集]