アルフレート・ヴァルター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルフレート・ヴァルターAlfred Walter, 1929年5月8日 ヴォラリ英語版 - 2004年3月7日 ブリュッセル)は、オーストリアの指揮者。

オーストリア人の両親のもと、南ボヘミアに生まれる。グラーツ大学に進み、1948年にラーヴェンスブルク歌劇場の副指揮者に就任。その後グラーツ歌劇場の指揮者を経験し、同時期バイロイトハンス・クナッパーツブッシュカール・ベームの助手を務めた。1966年から1969年まで南アフリカダーバン交響楽団で首席指揮者を務め、1970年から15年間ミュンスター市立劇場の音楽総監督に任ぜられた。ウィーン国立歌劇場にも客演を重ね、1980年にグスタフ・マーラー協会より金賞を、1986年にはオーストリア政府より教授号を授与されている[1]。1984年より3年間ブリュッセルRTBF交響楽団で首席指揮者を務めた後はフリーランスとして活動した。

ナクソス及びマルコポーロ・レーベルに録音があり、主なものにヨハン・シュトラウス2世の作品集(約20枚)、ヴィルヘルム・フルトヴェングラーの交響曲全集、ルイ・シュポーアの交響曲全集(未完の10番を除く)などがある。

脚注[編集]

  1. ^ Alfred Walter - Bio”. Naxos. 2013年10月19日閲覧。

参考文献[編集]

  • Ruth Renée Reif (1999). Die Stuttgarter Philharmoniker. Silberburg-Verlag. p. 161. 
  • Wolfgang Hildemann (1980). Generalmusikdirektor Alfred Walter. Münster. pp. 142-143. 


先代:
エドガール・ドヌー
RTBF交響楽団
首席指揮者
1984 - 1987
次代:
アンドレ・ヴァンデルノート