アリー・リダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イマーム・アリー・ムーサー・アッ=リダーアラビア語: علي بن موسى الرضا Imām ˤAlī ibn-Mūsā al-Riđā; 766年1月1日 - 818年5月26日)は、シーア派十二イマーム派の第8代イマーム。名はアリー・イブン・ムーサー・イブン・ジャアファル。ペルシア語ではエマーム・レザーとして知られる。

誕生と生涯[編集]

アリー・アッ=リダーはシーア派7代イマーム・ムーサー・イブン・ジャアファル・イブン・ムハンマド・アル=カーズィム(ペルシア語ではエマーム・ムーサー・カーゼム)とウンム・アル=バニーン・ナジュマーのあいだにマディーナで生まれた。ちょうど祖父ジャアファル・アッ=サーディクの死の一月後にあたり、アリーは父の手で教育された。

799年、アリー35歳のとき、父が没しイマームを継いだ。アリーは時のアッバース朝カリフハールーン・アッ=ラシードから好ましく扱われることはなく、マディーナの人々もアリーのもとを訪れ、学ぶことを禁止された。ハールーン・アッ=ラシードはアリーの殺害さえ試みたものの、これは不首尾に終わっている。

ハールーン・アッ=ラシードの死後、アッバース朝の支配権を巡って彼の二人の息子間で内戦がはじまる。息子の一方のアミーンアラブ人の母を持たためアラブ人の支持を得て、一方異母兄マアムーンペルシア人の母を持ち、ペルシア系の人々の支持を受けてのものであった。マアムーンはペルシア系の人々はハーシム家に対し好意的であると考え、アリーに対し、ペルシアに赴き謁見するよう命じた。アリー・アッ=リダーは妻と一人息子ムハンマド・タキーを残して、マルヴに立った。

アミーンを倒すと、マアムーンはアリー・アッ=リダーを自身の後継者に指名した。シーア派からの支持を得ようとしてのものであったが、このカリフ継承はアリー・アッ=リダーがマアムーン死亡時に存命であることが条件となっていた。マアムーンはアッバース朝の黒旗を初代イマーム・アリー以来のアリー家伝統の緑色へと変更することさえ行っている。

死去[編集]

アリー・アッ=リダーはしかしマアムーンよりも早く818年5月26日、マアムーンとともにトゥースにあったときに亡くなった。後世の学者には、これをマアムーンによる毒殺であると見る者もおり、シーア派ではこの見解をとってアリーを殉教者と考える。アリー・アッ=リダーの遺骸が葬られた地、今日の都市マシュハドの名は「マシュハデ・レザー」(リダーの殉教地)に由来するものであり、巨大なアリー・アッ=リダー廟とその複合施設(アースターネ・クドゥス)を持ち、現在でも多くの巡礼を集める地となっている。

外部リンク[編集]

いずれも英語。

先代:
ムーサー・カーズィム
12イマーム派イマーム
799年 - 818年
次代:
ムハンマド・タキー