アリ・アル・バドワウィ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アリ・アル・バドワウィ
個人情報
フルネーム Ali Al Badwawi
誕生日 1972年12月22日(41歳)
出身地 アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦
ドバイ
他職業 警察官
国内
リーグ 役割
2003- UAEリーグ 審判員
国際
リーグ 役割
2005- FIFA選出 審判員

アリ・ハマド・マダド・サイーフ・アル・バドワウィアラビア語: على حمد البدواوي‎, : Ali Hamad Madhad Saif Al Badwawi, 1972年12月22日 - )はアラブ首長国連邦出身のサッカー審判員である。

概要[編集]

2003年UAEリーグにてサッカー審判員のキャリアを開始し、2005年FIFAのライセンスを取得し国際審判員として活動している[1]。母語であるアラビア語の他に、第二言語として英語を使用できる。身長は167cm。副業は警察官、趣味は乗馬。

AFCアジアカップ2007AFCアジアカップ2011で主審を務め、2007年大会ではサッカー日本代表が出場した3位決定戦で主審を務めている[2]

2012年に発表された2014 FIFAワールドカップ主審の予備リストにも名前を連ねている[3]

2011年には、IFFHSが選ぶ4半世紀の審判リストにおいて、第125位に選ばれた[4]

担当した主な国際大会[編集]

AFCアジアカップ2007[編集]

AFCアジアカップ2007では3試合を担当した。

AFCアジアカップ2011[編集]

AFCアジアカップ2011では3試合を担当した。

FIFAワールドカップ・アジア予選[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Ali Al Badwawi worldreferee.com、2012年9月12日閲覧。
  2. ^ AFC Asian Cup 2007 - Knockout Stage(The 3rd / 4th Play-Off) 日本サッカー協会、2012年9月13日閲覧。
  3. ^ Referees first users of e-portal AFC.com、2012年9月2日掲載、2012年9月13日閲覧。
  4. ^ The World's best Referee of the Quarter of a Century (1987-2011) IFFFS、2012年9月12日閲覧。

外部リンク[編集]