アリルイソチオシアネート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アリルイソチオシアネート
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 57-06-7 チェック
PubChem 5971
ChemSpider 21105854 チェック
UNII BN34FX42G3 チェック
KEGG D02818
ChEBI CHEBI:73224 ×
ChEMBL CHEMBL233248 チェック
特性
化学式 C4H5NS
モル質量 99.15 g mol−1
密度 1.013–1.020 g/cm3
融点

−102 °C, 171 K, -152 °F

沸点

148-154 °C, 421-427 K, 298-309 °F

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

アリルイソチオシアネート (Allyl isothiocyanate, AITC) は分子式CH2CHCH2NCSで表される有機硫黄化合物の一つ。無色の油状液体で、マスタードワサビなどの辛味成分である。辛味や催涙作用の発現には、TRPA1TRPV1の2つのイオンチャネルが関わっている[1][2][3]。水には微溶だが、ほとんどの有機溶媒には可溶である[4]

生合成と生理機能[編集]

クロガラシカラシナの種子から得ることができる。これらの種子が破壊されると、放出されたミロシナーゼの働きでシニグリンとして知られるカラシ油配糖体が分解され、AITCが生じる。

この物質は本来、草食動物への忌避物質として機能していると見られる。AITCそのものは植物体に対しても有害であるが、これを無害なカラシ油配糖体の形で貯蔵し、草食動物に摂食された際にミロシナーゼによってAITCを遊離することで忌避作用が発揮されると考えられる。

植物体に対する作用としては、ACC合成酵素の活性と発現を抑制し、植物体の老化を早めるエチレンの発生量を減らすことが確認されている[5]

合成と利用[編集]

塩化アリルチオシアン酸カリウムの反応により合成される[4]

CH2=CHCH2Cl + KSCN → CH2=CHCH2NCS + KCl

この反応で得られた物質は"合成マスタードオイル"として知られる。種子の乾留によっても純度92%程度の油が得られるが、こちらが本来のマスタードオイルであり、主に香料として用いられる。合成マスタードオイルは殺虫剤殺菌剤[6]・殺線虫剤などとして、作物保護に用いられる[4]。また、聴覚障害者用の火災警報器にも使用されている。この臭いをかぐと深い眠りからでも確実に起きるという[7]

AITCは加水分解によってアリルアミンを生成する[8]

安全性[編集]

ラットに対する経口でのLD50値は339mg/kg、マウスに対する経皮でのLD50値は80mg/kgと報告されている[9]

抗腫瘍作用[編集]

in vitro 実験と動物実験では、がん予防剤としての多くの望ましい性質が示されている[10]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Everaerts, W.; Gees, M.; Alpizar, Y. A.; Farre, R.; Leten, C.; Apetrei, A.; Dewachter, I.; van Leuven, F. et al. (2011). "The Capsaicin Receptor TRPV1 is a Crucial Mediator of the Noxious Effects of Mustard Oil". Current Biology 21 (4): 316–321. doi:10.1016/j.cub.2011.01.031. PMID 21315593. 
  2. ^ Brône, B.; Peeters, P. J.; Marrannes, R.; Mercken, M.; Nuydens, R.; Meert, T.; Gijsen, H. J. (2008). "Tear gasses CN, CR, and CS are potent activators of the human TRPA1 receptor". Toxicology and Applied Pharmacology 231 (2): 150–156. doi:10.1016/j.taap.2008.04.00. PMID 18501939. 
  3. ^ Ryckmans, T.; Aubdool, A. A.; Bodkin, J. V.; Cox, P.; Brain, S. D.; Dupont, T.; Fairman, E.; Hashizume, Y.; Ishii, N. et al. (2011). "Design and Pharmacological Evaluation of PF-4840154, a Non-Electrophilic Reference Agonist of the TrpA1 Channel". Bioorganic and Medicinal Chemistry Letters 21 (16): 4857–4859. doi:10.1016/j.bmcl.2011.06.035. PMID 21741838. 
  4. ^ a b c Romanowski, F.; Klenk, H. (2005), “Thiocyanates and Isothiocyanates, Organic”, Ullmann's Encyclopedia of Industrial Chemistry, Weinheim: Wiley-VCH, doi:10.1002/14356007.a26_749 
  5. ^ 永田, 雅靖 (1995), Studies on Inhibitory Mechanisms of Allyl Isothiocyanate on Browning and Ethylene Production of Shredded Cabbage, http://repository.lib.gifu-u.ac.jp/handle/123456789/2247 
  6. ^ Shin, Il Shik, Hideki Masuda, and Kinae Naohide. (2004). "Bactericidal activity of wasabi (Wasabia japonica) against Helicobacter pylori". International journal of food microbiology 94 (3): 255–261. doi:10.1016/S0168-1605(03)00297-6. PMID 15246236. 
  7. ^ わさび臭気発生装置”. 2015年4月4日閲覧。
  8. ^ Leffler, M. T. (1938), “Allylamine”, Org. Synth. 18: 5, http://www.orgsyn.org/orgsyn/orgsyn/prepContent.asp?prep=CV2P0024 ; Coll. Vol. 2: 24 .
  9. ^ Allyl isothiocyanate monograph in IARC”. 2015年4月4日閲覧。
  10. ^ Zhang, Yuesheng. (2010). "Allyl isothiocyanate as a cancer chemopreventive phytochemical". Molecular nutrition & food research 54 (1): 127–135. doi:10.1002/mnfr.200900323. PMID 19960458.