ピペリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピペリン
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 94-62-2
PubChem 638024
日化辞番号 J4.701E
特性
化学式 C17H19NO3
モル質量 285.34 g mol−1
密度 1.193 g/cm3、固体
融点

130 °C, 403 K, 266 °F

沸点

分解

危険性
MSDS Science Lab.com
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ピペリン (: piperine) は、アルカロイドに分類される有機化合物のひとつで、シス-トランス異性体カビシン(Z,Z体。シャビシンとも)とともにブラックペッパーの辛みのもととなっている成分である。この化合物は伝統医学殺虫剤の用途にも用いられてきた。1819年、ハンス・クリスティアン・エルステッドによって、Piper nigrumコショウ)の果実から最初に発見された[1]ヒハツ(Piper Lognum)とヒハツモドキ (Piper officinarum) [2]や、Piper guineense[3](西アフリカ産コショウ)にも含まれている。

ピペリンやカプサイシンの辛みは、感覚神経に発現している温度受容体TRPV1(TRPVイオンチャネルファミリーのひとつ)の活性化によりもたらされる。

ピペリンはまた、生体異物や代謝産物の代謝・輸送をつかさどるヒトの CYP3A4P-グリコプロテイン のはたらきを阻害する[4]

ピペリンが薬物代謝に重要な他の酵素をも阻害した動物実験の結果が報告されている[5][6]

薬物の代謝を阻害するはたらきにより、ピペリンはさまざまな化合物の生物学的利用能を向上させる可能性がある。ヒトでクルクミンの生物学的利用能を2000%まで向上させたという報告がある[7]

一方、薬物との相互作用が報告されており、多量に摂取すると健康被害が発生する可能性を否定できず注意が必要とされる [8]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Oersted, H. C. (1820). “Über das Piperin, ein neues Pflanzenalkaloid(新規植物アルカロイド、ピペリンについて)” (ドイツ語). (Schweigger's) Journal für Chemie und Physik 29 (1): 80-82. http://books.google.com/books?id=k-M4AAAAMAAJ&pg=PA80&lpg=PA81&ots=BOH_h5pA3s&dq=oersted+journal+fur+chemie+und+physik+1820+piperin&ie=ISO-8859-1&output=html. 
  2. ^ Friedrich A. Flückiger, and Daniel Hanbur (1879). Pharmacographia :A history of the principal drugs of vegetable origin, met with in Great Britain and British India. London: Macmillan & Co.. pp. p.584. http://www.archive.org/details/pharmacographiah00fluoft. 
  3. ^ Stenhouse in Pharm. J., 1855, 14, 363.
  4. ^ Bhardwaj, R. K.; Glaeser, H.; Becquemont, L.; Klotz, U.; Gupta, S. K.; Fromm, M. F. "Piperine, a major constituent of black pepper, inhibits human P-glycoprotein and CYP3A4." J. Pharmacol. Exp. Ther. 2002, 302, 645-650.
  5. ^ Atal, C. K.; Dubey, R. K.; Singh, J. "Biochemical basis of enhanced drug bioavailability by piperine: evidence that piperine is a potent inhibitor of drug metabolism." J. Pharmacol. Exp. Ther. 1985, 232, 258-262.
  6. ^ Reen, R. K.; Jamwal, D. S.; Taneja, S. C.; Koul, J. L.; Dubey, R. K.; Wiebel, F. J.; Singh, J. "Impairment of UDP-glucose dehydrogenase and glucuronidation activities in liver and small intestine of rat and guinea pig in vitro by piperine." Biochem. Pharmacol. 1993, 46, 229-238.
  7. ^ Shoba, G.; Joy, D.; Joseph, T.; Majeed, M.; Rajendran, R.; Srinivas, P. S. "Influence of piperine on the pharmacokinetics of curcumin in animals and human volunteers." Planta Med. 1998, 64, 353-356.
  8. ^ 長谷川貴志他 (2010), “黒コショウを含有したいわゆる健康食品におけるピペリン含有量について” (PDF), 千葉県衛研年報 (千葉県衛生研究所医薬品研究室) 59: 70-73, NAID 120002815816, NCID AA1080427X, http://www.pref.chiba.lg.jp/eiken/eiseikenkyuu/iyakuhin/documents/59tanpou2.pdf 

関連項目[編集]