アラ・ヤロシンスカヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アラ・ヤロシンスカヤウクライナ語: Ярошинська Алла Олександрівна1953年2月14日-)は、ウクライナジャーナリスト政治家

ウクライナ西部のジトームィルに生まれた。キエフ大学卒業後、13年間地方紙の記者。1986年チェルノブイリ原子力発電所事故ののち、情報統制の枠を破って取材を重ね、ソビエト連邦政府の事故対応の問題点を糾弾し続けた。

1989年、ソビエト連邦人民代議員大会の議員に当選。地域間代議員グループに所属して事故の真相と責任を追及、被害者救済のために活動した。

1991年ソ連崩壊後に公表された秘密文書を入手し、1992年«Чернобыль. Совершенно секретно»(『チェルノブイリ極秘―隠された事故報告』和田あき子訳、平凡社、1994年4月)を出版、住民の苦難の実相とこれをもたらした背景、政府の意思決定の秘密、政治家・学者の無責任さを明らかにした。[1]

イズベスチアコムソモリスカヤ・プラウダノーヴァヤ・ガゼータニューズウィークニューヨークタイムズなどに記事を書いているほか、著書・論文多数。

1992年10月28日日本記者クラブで会見に応じた[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]