ホメリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホメリ市章
Gomel - Sovetskaya St - post office - former savoy.JPG

ホメリ (またはゴメリベラルーシ語ロシア語:Го́мель, 英語:Homyel)は、ベラルーシの南東に位置する都市ホメリ州州都であり、48万1000人(2005年度調査)の人口を抱えるベラルーシ第2の都市。面積は113km²。町からおよそ8km離れたところにゴメリ空港がある。

ウクライナの国境付近にあり、国際河川であるソジ川Sož)の右岸に位置する。ホメリ市庁舎の位置は北緯52度44分16.70秒、東経30度98分33.30秒。ソジ川のおよそ100km下流にはチェルノブイリ原子力発電所があり、1986年4月26日事故ではホメリも被害を受けた。

ホメリが都市として成立した正確な日付は不明であるが、12世紀年半から言及され、公式に1142年に受け入れられた。

1854年にはソジ川の左岸の位置に隣接している町ベリザBeliza)を併合した。

姉妹都市[編集]

外部リンク[編集]

Eastern-Europe-map2.png この「ホメリ」は、東ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 東ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ
アゼルバイジャン アルバニア アルメニア ウクライナ キプロス ギリシャ グルジア クロアチア セルビア トルコ ブルガリア ベラルーシ ボスニア・ヘルツェゴビナ マケドニア モルドバ モンテネグロ ルーマニア ロシア