アップ・オール・ナイト (テイク・ザットの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アップ・オール・ナイト
テイク・ザットシングル
収録アルバム ザ・サーカス
B面 84
リリース 2009年3月2日 (UK)
録音 2008年
ジャンル ポップ
時間 325
レーベル ポリドール・レコード
作詞・作曲 テイク・ザット、ジェイミー・ノートン
プロデュース ジョン・シャンクス
チャート最高順位
  • 1位(UKエアプレイ)
テイク・ザット シングル 年表
グレイテスト・デイ
2008年
アップ・オール・ナイト
2009年
ザ・ガーデン
(2009年)
テンプレートを表示

アップ・オール・ナイト」(Up All Night)はテイク・ザットのシングル曲。5枚目のスタジオ・アルバム『ザ・サーカス』に収録されている。メインボーカルはマーク・オーウェン

『ザ・サーカス』からの2枚目のシングルであり、イギリスアイルランドで発売された。初めてこの曲をパフォーマンスしたのは2008年12月7日にITVで放送されたホスト番組“Take That Come To Town”の中であった。またバラエティ番組“Ant & Dec's Saturday Night Takeaway”と音楽番組トップ・オブ・ザ・ポップスのクリスマス特番でもパフォーマンスした。

チャート[編集]

2009年2月14日にすでにUKトップ75にチャート入り(72位)し、2週目で59位まで上り詰めた[1]。3週目に37位、4週目にはダウンロードチャートで17位し、その次の週で最高位14位をマークした。

アイルランドチャートでは最高位19位を記録している。

UKエアプレイチャートでは1位を獲得。

ミュージックビデオ[編集]

ビデオは2009年1月27日に公開された。監督はダニエル・ウォルフ。

クロイドンの住宅街でストリートパーティをしているという設定で、衣装は古めかしいものである。後半からゲイリー・バーロウが映らなくなるが、これは撮影当日に妊娠中だった妻のドーンが出産間近となったため付き添いに行ったからである。撮影終了直後無事に誕生し、デイジーという名が付けられた。

トラックリスト[編集]

CD

  1. "アップ・オール・ナイト"
  2. "84"

iTunes シングル

  1. "アップ・オール・ナイト"— 3:24
  2. "アップ・オール・ナイト" (ミュージックビデオ) — 3:34

各国のチャート[編集]

チャート 最高位
クロアチア 23
ヨーロッパ 49
アイルランド 19
UKエアプレイ 1
UK 14

脚注[編集]