ビューティフル・ワールド (テイク・ザットのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビューティフル・ワールド
Beautiful World
テイク・ザットスタジオ・アルバム
リリース 2006年11月27日
ジャンル ポップ
時間 47分44秒
レーベル ポリドール
プロデュース ジョン・シャンクス
チャート最高順位
  • 1位(イギリス、アイルランド)
  • 2位(デンマーク、ドイツ)
  • 6位(スイス)
  • 7位(ハンガリー)
  • 8位(オーストリア)
ゴールド等認定
テイク・ザット 年表
ザ・プラチナム・コレクション
(2006年)
ビューティフル・ワールド
(2006年)
ザ・サーカス
(2008年)
ビューティフル・ワールド 収録の シングル
  1. ペイシェンス
    リリース:2006年11月13日
  2. シャイン
    リリース:2007年2月26日
  3. アイド・ウェイト・フォー・ライフ
    リリース:2007年6月18日
  4. リーチ・アウト
    リリース:2007年6月28日
  5. ルール・ザ・ワールド
    リリース:2007年10月22日
テンプレートを表示

ビューティフル・ワールド」("Beautiful World")はテイク・ザットの4thアルバムである。彼らにとっては11年振りになるアルバムである。

解説[編集]

このアルバムは、テイク・ザットによる「現代的な捻りを加えた、90年代への先祖返り」を表現したものである。また初めてメンバー全員が少なくとも一曲以上リード・ボーカルを務める曲があるアルバムである。

イギリスとアイルランドでは発売初週にチャート1位になり、批評家から良い評価を得た。2011年7月現在全世界で400万枚以上を売り上げている。現在もイギリスで最も売れたボーイズバンドのアルバムの座にあり[1]、337週間連続でチャートインし続けている[2]

ブリット・アワード2007で「ペイシェンス」が、ブリット・アワード2008では「シャイン」がそれぞれベスト・ブリティッシュ・シングルに選ばれている。

収録曲目[編集]

通常版
# タイトル 作詞・作曲 リード・ボーカル 時間
1. リーチ・アウト(Reach Out)」   テイク・ザット, ジョン・シャンクス ゲイリー・バーロウ 4:16
2. ペイシェンス(Patience)」   テイク・ザット, シャンクス ゲイリー・バーロウ 3:22
3. 「ビューティフル・ワールド(Beautiful World)」   テイク・ザット, スティーヴ・ロブソン ハワード・ドナルド 4:25
4. 「ホールド・オン(Hold On)」   テイク・ザット, シャンクス マーク・オーエン 3:56
5. 「ライク・アイ・ネヴァー・ラヴド・ユー・アット・オール(Like I Never Loved You At All)」   テイク・ザット, シャンクス ゲイリー・バーロウ 3:44
6. シャイン(Shine)」   テイク・ザット, ロブソン マーク・オーエン 3:31
7. アイド・ウェイト・フォー・ライフ(I'd Wait For Life)」   テイク・ザット ゲイリー・バーロウ 4:33
8. 「エイント・ノー・センス・イン・ラヴ
(Ain't No Sense in Love)」  
テイク・ザット, ビリー・マン ゲイリー・バーロウ 3:51
9. 「ホワット・ユー・ビリーヴ・イン
(What You Believe In)」  
テイク・ザット, アンダース・バッゲ マーク・オーエン 4:32
10. 「マンキュニアン・ウェイ(Mancunian Way)」   テイク・ザット, エグ・ホワイト ハワード・ドナルド 3:48
11. 「ウドゥン・ボート(Wooden Boat)」   テイク・ザット, マン, シャンクス ジェイソン・オレンジ 3:03
12. 「バタフライ(Butterfly)」 (隠しトラック) テイク・ザット, シャンクス ゲイリー・バーロウ 3:45

スタッフ[編集]

ミュージシャン[編集]

プロダクション[編集]

  • John Shanks – プロデューサー, プロダクション・コーディネーター
  • Shari Sutcliffe – プロダクション・コーディネーター
  • Will Malone – 編曲
  • Jamie Muhoberac – レコーディング・エンジニア, ミキシング
  • Robin Baynton – アシスタント・エンジニア
  • Andrew Dudman – アシスタント・エンジニア
  • Jake Jackson – アシスタント・エンジニア
  • Lewis Jones – アシスタント・エンジニア
  • Sam "Stovepipe No. 1" Jones – アシスタント・エンジニア
  • Lars Fox – デジタル・エディティング
  • Ted Jensen – マスタリング

脚注[編集]

  1. ^ [1] Certified Awards Search". British Phonographic Industry. 25 October 2002. Retrieved 19 October 2010.best selling boy band album
  2. ^ [2]Take That – Music Charts". Acharts.us. Retrieved 30 May 2011