アクシデント (メリーランド州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アクシデント(メリーランド州)
—  Town  —
アクシデントの場所
座標: 北緯39度37分41秒 西経79度19分12秒 / 北緯39.62806度 西経79.32000度 / 39.62806; -79.32000
所属国 アメリカ合衆国
所属州 メリーランド州
所属郡 ガレット(Garrett)
面積
 - 計 0.5mi2 (1.3km2)
 - 陸地 0.5mi2 (1.3km2)
 - 水面 0.0mi2 (0.0km2)
標高 2,385ft (727m)
人口 (2000)
 - 計 353人
 - 人口密度 711.1人/mi² (274.6人/km²)
等時帯 東部標準時 (UTC-5)
 - 夏時間 EDT (UTC-4)
郵便番号 21520
市外局番 301
連邦情報処理標準 24-00225

アクシデント (Accident) は、アメリカ合衆国メリーランド州ガレット郡に所在する町である。2000年度の国勢調査では、人口は353人であった。ノーザン・グレート高校(Northern Great High School)がある。フリーライターのポール・ディクソン(Paul Dickson)が著した「地方人の型分け(Labels for Locals)」によれば、アクシデント出身の人間は「予想ができない(Accidental)」という。

歴史[編集]

アクシデントは、メリーランド州極西部では最も早期に開拓された土地であった。

1770年の初め、ロード・バルティモア(Lord Baltimore)という人物がモノカシー・メイナー(Monocacy Manor)という者を呼んでこの地を開拓した際、ブルック・ビール(Brooke Beall)なる者が許可を得て778エーカー(3.15km²)の土地を測量した。ビールがなぜこの場所を選んだのかは今となっては謎だが、彼の測量は開拓を始める際の明確な指標となった。彼はまず、「ラン(Run)と呼ばれる場所から100ヤードほど離れたところにある沼知の近くにある『ベア・クリーク(Bear Creek)』という小川の南の分岐路の北側に境界線として立つ二本の白いオークの木の中間を基点として、『コール・マイン・リック(Cole Mine Lick)』の名で知られるリック川の一、二マイル上流までと、『ブロード・クリーク(Broad Creek)』という小川の河口から約6マイル上流まで、および『ネグロー山(Negroe Mountain)』の尾根から約1マイル(1.6km)東の地点まで」を測量することから始めることにした。

後に大陸会議(the Continental Congress)の代表になり、1774年4月14日アナポリス会議の代議員に選出されたジョン・ハンソン(John Hanson, Jr.)は、調査の結果この地の面積がわずか682エーカー(2.76km²)にすぎないことを知ったが、その後12年間は何の調査も行われることはなかった。独立戦争終了後の1786年2月15日、公有土地譲渡によりこの地はウィリアム・ディーキンズ(William Deakins)に払い下げられた。以後数年にわたり、周辺の土地はフランシス・ディーキンズ(Francis Deakins)により軍事報酬のために調査された。独立戦争でメリーランド州に従軍した者のうち、兵士として2年間勤務した者には1区画(50エーカー、20万平方メートル)、士官として勤務した者には4区画が与えられたのである。

メリーランド州公文書館には、ハンソンが行った調査証明書の原本が、ワシントン州の調査書とともに保管されている。

地理[編集]

アクシデントの座標は、西経79度19分12秒、北緯39度37分41秒である。

国勢調査によれば、同町の面積は島嶼部も含めて0.5平方マイル(1.3km²)である。

人口[編集]

2000年の国勢調査によれば、町の人口は353人、世帯数は138、家族数は96で、人口密度は1平方マイルあたり711.1人(1平方キロメートルあたり272.6人)である。また家屋数は162戸で、1平方マイルあたり162戸(1平方キロメートルあたり125.1戸)になる。人種構成は以下のとおりである。

138世帯のうち、18歳以下の子供が同居しているものは37.7%、夫婦が同居しているものは54.3%、未婚女性が世帯主であるものは12.3%、女性が同居していないものは30.4%である。また一人暮らしの家庭は28.3%で、そのうちの21.7%は65歳以上の老人である。一世帯の平均人数は2.56人で、一家族では3.14人である。

全人口のうち18歳以下の者は29.2%、18歳以上24歳以下の者は7.1%、25歳以上44歳以下の者は22.4%、45歳以上64歳以下の者は18.4%、65歳以上の者は22.9%で、平均年齢は38歳である。女性100人に対して男性は73.9人で、18歳以下の場合は女性100人に対して男性は73.6人である。

一世帯あたりの平均年収は22,500ドルで、一家族あたりでは40,556ドルである。また男性の平均年収は25,250ドルであるのに対し、女性は18,750ドルである。国の収入を人口で割った一人当たり総生産(Per capita income)、は11,950ドルになる。全人口のうち10.9%、また全家庭のうち17.5%が貧困層であり、そのうちの17.3%が18歳以下の子供で、24.1%が65歳以上の老人である。

著名人[編集]

ウェンデル・R・ベイツェル(Wendell R. Beitzel, メリーランド州議会議員)

外部リンク[編集]