アイタケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アイタケ
Russula virescens4.JPG
分類
: 菌界
: 担子菌門
: 真正担子菌綱
: ベニタケ目
: ベニタケ科
: ベニタケ属
: アイタケ
学名
Russula virescens (Schaeff.) Fr.
和名
アイタケ

アイタケ(学名 Russula virescens)はベニタケ科ベニタケ属キノコの一種。英語圏では green russula[1]、green quilt russula[2]、greencracked brittlegill[3] などと呼ばれる[5]

形態[編集]

裏面は白色でひだはやや密

かさは直径 5–15 cm で、幼時はまんじゅう型、成長すると開いて浅い漏斗状となる。表面は淡い青緑色でいくぶんざらつき、しばしば表皮が不規則にひび割れてモザイク模様をあらわす。じゅうぶんに成熟すれば、しばしば傘の周縁部に浅い条溝を生じる。

かさ・柄の肉はともに白色で傷つけても変色することはなく、堅いがもろい肉質であり、味もにおいもともに温和である。硫酸鉄(II) に接触すると帯褐オレンジ色ないし帯褐桃色に変わる。

ひだは柄に直生ないし離生し、やや密で白色を呈し、分岐や連絡脈を欠く。柄はほぼ上下同大で長さ 3–8 cm、径 2–4 cm 程度、白色を呈し、中実である。

胞子紋はほとんど白色を呈し、胞子はほぼ球形から広卵形をなし、その表面には微細なとげ状突起が不規則に生じ、突起の基部はきわめて細い連絡脈によって連結されている。かさの表面には円錐状のシスチジアが散在し、表皮のゼラチン化はほとんど認められない。

生態と分布[編集]

夏から秋にかけて、コナラ属カバノキ属ブナ属などの落葉広葉樹の林内地上で採集されることが多い。ときにはマツ属モミ属トウヒ属などの樹木の下にも発生する。これらの樹木の生きた細根との間に、外生菌根を形成して生活しており、人工栽培は困難で、いまのところ試みられていない。

北半球温帯地方に広く分布し、日本でも、低地の公園林などから亜高山帯まで、各地で比較的普通に見出される。

類似種[編集]

フタイロベニタケ (Russula viridirubrolimbata Ying.) も、アイタケと同様に、かさの表皮が不規則に裂けてモザイク状をなすが、通常はかさの中央部付近が緑色、周縁部が暗赤色を呈する。ただし、前者においても、まれにかさのほとんど全面が緑色を呈することがあり、その場合には肉眼的な識別はきわめて困難である。また、アイタケに似て、かさの表皮が黄褐色となるものにヤブレキチャハツ (Russula crustosa Peck) がある。

食毒[編集]

食用になり、比較的大形で発生量も多く、酷似する毒キノコも少ないために人気がある。歯切れはさほどではないが風味がよいとされ、サラダ炒め物汁物などに調理される。ただし、ビタミンB1を破壊する酵素を含有することが報告されており、多食は避けるべきであるとされている[6]。また、調理方法にも注意を要し、生食はあまり勧められない。

脚注[編集]

  1. ^ Marshall, Nina Lovering (1923). The Mushroom Book. New York: Doubleday. p. 69. http://books.google.co.jp/books?id=XWR21PikaJ4C&pg=PA71-IA2. 
  2. ^ Roody, William C. (2003). Mushrooms of West Virginia and the Central Appalachians. Lexington: University Press of Kentucky. p. 234. http://books.google.co.jp/books?id=5HGMPEiy4ykC&pg=PA234. 
  3. ^ a b Sasata, Robert (2008年11月7日). “Russula virescens”. Medicinal Mushrooms. 2011年9月3日閲覧。
  4. ^ Cooke, Mordecai Cubitt (1871). Handbook of British Fungi. London: Macmillan. p. 220. http://books.google.co.jp/books?id=16-3RnKgNF8C&pg=PA220. 
  5. ^ そのほか greenish russula[4]、green cracking russula[3] など。
  6. ^ 脇田正二 「キノコ類のビタミンB_1破壊に関する研究」『横浜国立大学理科紀要 第二類、生物学・地学』 23巻、39–70頁。1976年10月28日。

参考文献[編集]

  • Petersen, J. H.; Vesterholt, J. (1990). Danske storsvampe. Basidiesvampe [a key to Danish basidiomycetes]. Viborg, Denmark: Gyldendal. ISBN 87-01-09932-9. 
  • 本郷次雄監修 幼菌の会編 『カラー版 きのこ図鑑』 家の光協会、2001年 。SBN 4-259-53967-1。
  • 前川二太郎監修 トマス・レソェ著 『世界きのこ図鑑』 新樹社、2005年。ISBN 4-7875-8540-1
  • 小宮山勝司著 『きのこ大図鑑』 永岡書店、2008年。ISBN 978-4-522-42398-1
  • 今関六也ほか編 『日本のきのこ』 山と渓谷社、1988年。ISBN 4-635-09020-5

外部リンク[編集]