やなぎ (ゲイバー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

やなぎとは、1945年(昭和20年)に東京都港区新橋烏森神社の境内に開店した、島田正雄(通称:お島さん)が経営したゲイバーである。1989年(平成元年)閉店。

概要[編集]

戦後初のゲイバーで、後に六本木にゲイバー「吉野」を出す吉野寿雄(吉野のママ)や、銀座にゲイバーを出す青江忠一(青江のママ)が働いていた。1955年(昭和30年)には銀座8丁目にも出店し、そこを本店とした。

「サービスの達人たち」(新潮文庫・旧タイトル「日本のおかま第一号」)では、日本初のゲイバーと紹介されている。しかし戦前の昭和初年には既に、ゲイバー・ゲイクラブはあったといわれている[1]。また江戸時代元禄年間には現在の売り専バーに似た「陰間茶屋」があった。そのほか吉野によれば、戦前も歌舞伎の大部屋の女形の人が女装して影で小さい店をやっているということはあったという[2]

やなぎを訪れた著名人[編集]

江戸川乱歩アラン・ドロンピエール・カルダンイブ・サンローランミヤコ蝶々[3]京塚昌子美川憲一デヴィ夫人[4]

その他[編集]

女装家で性社会史研究家の三橋順子によると、1960年代の新宿二丁目千鳥街の地図に、「やなぎ」という飲み屋の名前がある[5]。だが島田が経営した「やなぎ」と関連性があるのかは不明。因みに1950年代の千鳥街にはゲイバーがいくらか集まり、風俗誌にも紹介されていた[5]

脚注[編集]

  1. ^ 「オトコノコのためのボーイフレンド」(1986年 少年社)P58。
  2. ^ 2013年6月16日放送TBSラジオ、安住紳一郎の「日曜天国」~伝説のオネェ吉野寿雄さん~より。
  3. ^ 2012年7月12日放送TBS系スパモク「あたしら!カーマ協同組合」
  4. ^ 文藝春秋「クレア」「ゲイ・ルネッサンス'91」(1991年2月号)
  5. ^ a b 三橋順子千鳥街を探して」

関連項目[編集]