Zimbra

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Zimbra Collaboration Suite
Zimbra email.png
開発元 Synacor, Inc.
最新版 8.8.15(2019年7月22日(16か月前) (2019-07-22
リポジトリ github.com/Zimbra/zm-build
種別 コラボレーションソフトウェア
公式サイト www.zimbra.com
テンプレートを表示

Zimbra Collaboration Suite (ZCS) は、米国のSynacor, Inc.が開発するWebメールシステムでありグループウェアである。メール/カレンダー/コラボレーション機能がある。クライアント側コンポーネントとサーバ側コンポーネントの両方を含んでいる。

2004年にLiquid Systems Inc.が設立され[1]、開発がスタートされた。会社名はZimbra, Inc.に変更され、2005年9月7日にはベータ版がリリースされた[2]。その後、会社としては何度も売却され、オーナーが転々としている。2007年9月17日、米Yahoo!が買収し[3]、2010年1月12日、VMware, Inc.が買収し[4]、2013年7月、米Telligentが買収し[5]、2015年8月13日、Synacor, Inc.が買収した。

日本では、かつては住友商事が国内販売総代理店となっていたが[6]、2013年9月に日本法人としてZimbra Japan合同会社を設立し、販売している。

機能[編集]

ZCS Webクライアントは高機能なコラボレーションスイートで、電子メールとグループカレンダーをサポートしている。Ajaxを活用して、ツールチップ、ドラッグ可能なアイテム、右クリックメニューなどのインタフェースを備えている。また、高度な検索機能と日付を関連付ける機能もある。Zimlet というマッシュアップによるオンラインのドキュメントオーサリング機能もあり、管理用のUIも備えている。これは Zimbra Ajax Toolkit を使って書かれている。

各機能にSOAP API を提示しており、IMAPおよびPOP3サーバとしても機能する。様々なLinuxディストリビューションで動作し、macOSでも動作する。

ZCSはプロプライエタリなMicrosoft OutlookApple Mailとも互換性があり、オープンソースのEvolutionとも互換性がある。したがって、それらが持つ電子メールやアドレス帳やカレンダーの内容をZCSサーバと同期させることもできる。Zimbraは各種携帯機器(Nokia EseriesBlackBerryWindows MobileiPhoneなど)との双方向同期機能も提供している。

エディション[編集]

以下の2種類がある[7]

Zimbra Collaboration Network Edition[編集]

有償の商用ソフトウェアですべての機能とサポートが提供される。

Zimbra Collaboration Open Source Edition[編集]

無償のオープンソース版で一部の機能に制限がある。サポートは提供されない。

脚注[編集]

  1. ^ Comcast、電子メールサービスにZimbraの技術を採用” (日本語). CNET Japan (2007年5月7日). 2019年5月6日閲覧。
  2. ^ 新興のZimbra、オープンソースのNotesオルタナティブをリリース” (日本語). ITmedia エンタープライズ. 2019年5月6日閲覧。
  3. ^ Yahoo! Acuires Zimbra プレスリリース、2007年9月17日
  4. ^ VMware、Yahoo!からZimbraを買収 クラウド製品を強化” (日本語). ITmedia エンタープライズ. 2019年5月6日閲覧。
  5. ^ VMware、コラボレーションツールのZimbraを売却” (日本語). ITmedia エンタープライズ. 2019年5月6日閲覧。
  6. ^ 日立ソフトが先進的Webコラボレーションシステム「Zimbra Collaboration Suite」を提供開始|日立ソリューションズ((旧)日立ソフトウェアエンジニアリング)”. www.hitachi-solutions.co.jp. 2019年5月6日閲覧。
  7. ^ オープンソースのグループウェア / Zimbraとは” (日本語). www.ossnews.jp. 2019年5月6日閲覧。

外部リンク[編集]