SMAIL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
SMAIL
開発元

PicoLix Design &

Story Creator Offices
初版 1998年(23年前) (1998
最新版
4.27 / 2020年12月12日(35日前) (2020-12-12
対応OS Microsoft Windows
サポート状況 開発中
種別 電子メールクライアント
ライセンス フリーウェア
公式サイト Picolix Design
テンプレートを表示

SMAILエスメール)は、Eva Library(苗場翔)が製作したMicrosoft Windows向けコマンドライン送信専用の電子メールクライアント

概要[編集]

SMAILは、Windowsのコマンドプロンプト(またはMS-DOSプロンプト)から起動して利用できるCLIプログラムで送信専用の電子メールクライントである。[1] 複数ファイルの添付、複数CC/BCCの指定、重要度の指定などが可能。POP before SMTP/APOPやSMTP認証(AUTH CRAM-MD5,AUTH PLAIN,AUTH LOGIN,AUTH XOAUTH2)等にも対応している。 SSL接続 TLS接続(TLSv1.0~TLSv1.3)に対応しSMTPS/POPS(SMTP/POP over SSL, STARTTLS) が利用できる。 UTF8/8bit/base64/quoted printableに対応。 SSL通信にはOpenSSLを搭載しており、都度バージョン対応を行っている。 [2] [3] [4] [5] [6]

特徴[編集]

SMAILの特徴は、以下の通りである。

1998年にリリースされ、バッチ処理に組み込んで利用するユーザが多い。[7]システムの自動監視の結果内容のメール送信の組み込みにも適している。 [8] [9] [10] [11] WEBサービスからの起動も可能で、特にSSL接続 TLS接続を有するメールサーバへの送信に対応している。 フリーウェアーで、商用利用も可能(ただし商用の場合は、使用開始連絡が必要である。)

なお、Windows 7、Windows Server 2008 以降のタスク スケジューラでは、メール送信のトリガーは機能するが実行は非推奨とされ、 Windows 8、Windows Server 2012 では、ついにメール送信のトリガーは機能しなくなった。 そのため、SMAIL のようなメール送信組み込みの有用性はさらに高まっている。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]