YOYOYO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
YOYOYO
別名 Zenzo & yo.yo.yo.(旧バンド名)
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロック
活動期間 1990年 - 1995年
2000年 - 現在
レーベル Ki/oon Sony Records (1994年〜1995年)
共同作業者 本間昭光
公式サイト [1]
メンバー Mo-chi (Vocals)
Miki (Percussion)
スマイリー坂倉 (Bass)
Azu (Keyboard)
Zenzo (Drums, Vocals)
旧メンバー Yuka Kitada (E. Percussion)
Kiyokazu Itoh (E. Bass)
Chie (Vocals)
Komboo (Keyboard)
Aico (Vocals)
Ayako (Keyboard)
Toshi (Guitar)

YOYOYOヨーヨーヨー)は、日本ロックバンドである。以前の所属レコード会社はKi/oon Sony Records

メンバー[編集]

旧メンバー[編集]

  • Yuka Kitada
    エレクトリックパーカッション担当。結成時からのメンバーであるが、再結成後は参加していない。
  • Itoh Kiyokazu (伊藤清和)
    エレキベース担当。結成時からのメンバーであるが、再結成後は参加していない。
  • Chie (関根千恵)
    ボーカル担当。CDデビュー直前の1993年から加入。バンド解散後はソロ活動に専念。
  • Komboo
    キーボード担当。2000年の再結成時から加入。2004年頃に脱退。
  • Aico
    ボーカル担当。2000年の再結成時から参加。2004年にAicoのバンド「ネコベット」の活動が多忙となり脱退。
  • Ayako
    キーボード担当。2004年からKombooの代わりとして参加。2007年にソロ活動が多忙となり脱退。
  • Toshi (Morikawa Toshio)
    ギター担当。結成時からのメンバーであったが、2009年2月15日に急逝(理由不明)。

略歴[編集]

1990年8月頃、三重県四日市市にてリーダーである藤生善一(Zenzo)を中心に結成された。当初バンド名は「Zenzo&頑張れドラゴンズ!」の予定であったが、メンバーの猛反対により「Zenzo & yo.yo.yo.」に決定した。

1990年秋頃から名古屋のライブハウスやストリートでのライブを中心に活動する。

1992年1月のワンマンライブの日より、共演したヴォーカリストのMo-chiが正規メンバーとして加入。Mo-chiはレコード会社との契約前に脱退。

1993年10月にKi/oon Sony Recordsと契約し、ヴォーカリストとしてChieが加入。

1994年10月にバンド名を「YOYOYO」に改名しアルバム「Morning Glow」でメジャーデビュー。

その後シングル4枚とアルバム1枚を発売するが、1996年4月のシングル「花も嵐も乗り越えて」の発売をもって解散。解散後、ボーカルのChieはソロ活動へ。

2000年8月頃にオリジナルメンバーのZenzo、Toshi、Mikiに加え、Aico、スマイリー坂倉、Kombooが正規メンバーとして加入し再結成。

2004年にボーカルのAicoが脱退し活動休止状態になるが、同年10月に元メンバーであるMo-chiがバンドに復帰。

2007年にキーボードのAyakoが脱退。入れ替わるようにAzuがキーボードとして加入。

2009年2月15日にToshiが急逝。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル c/w曲 備考
1st 1994年11月2日 恋は早い者勝ち 彼女へのおみやげ NHK天才テレビくん」内コーナー「MTK」でカバーされた。
2nd 1995年9月1日 男なんて星の数 GIRL A GO! GO! 「GIRL A GO! GO!」:NHK週刊こどもニューステーマ曲
3rd 1995年10月1日 恋をしよう! Easygoing 通信カラオケ「シンコム」CFソング
4th 1996年4月1日 花も嵐も乗り越えて 愛されましょう 三菱銀行 新社会人キャンペーンCFソング

オリジナルアルバム[編集]

発売日 タイトル
1st 1994年10月1日 Morning Glow
2nd 1995年7月1日 Lovable
3rd 2008年9月20日 Beat Jungle

脚注[編集]

外部リンク[編集]