Wikipedia:スリー・リバート・ルール

ナビゲーションに移動 検索に移動

スリー・リバート・ルール(Three-revert rule、略称 3RR)とは、ウィキペディア日本語版のガイドラインです。3RRへの違反はWikipedia:管理者伝言板/3RRで報告されます。

このガイドラインは、編集者はあるウィキペディアの項目を、ページの一部であろうと全部であろうと、24時間に3度を超えて、差し戻し(ここでは、Help:以前の版にページを戻す方法に記載の方法をすべて含む)をしてはならないというものです。これは3度までなら差し戻して良いというものではありません。極端な場合、一日の差し戻し回数が3度以下でも、編集合戦または破壊行為、および過度の編集合戦として投稿ブロックされる可能性があります。

以下のような差し戻しは、回数に数えません:

  • 自分の投稿を自分で差し戻す
  • 単純な荒らしを差し戻す
  • 投稿ブロックされた利用者による投稿を差し戻す

このガイドラインは、個々の編集者ごとに適用され、集団には適用されません。ただし、編集合戦になりかけているときには、第三者が差し戻しを行う場合であっても、充分注意を払う必要があります。差し戻しの理由を明らかにした上で、差し戻しに反対の人をノートページでの議論に誘導することが必要です。黙って差し戻してしまうと、あなた自身が編集合戦や破壊行為に加担する結果になりかねません。

このガイドラインの制限を回避するために多重アカウントを使うことは許されません。多重アカウントによる編集は、一人の編集として数えます。

詳細[編集]

この文章において差し戻しとは、他者の編集を一部であるか全部であるかを問わず、元に戻す行為をいいます。履歴から過去の版を取り出して編集したかどうかは関係ありません。差し戻しの際、いくつかの単語の加除を伴っていようと、他の変更を同時に行っていようと、他者の編集を絶えず元に戻しているならば、差し戻しと見なされます。複雑なケースでは、新しい文章をつけ加えつつ、論争のある文章のみは(それが除去であろうと加筆であろうと)差し戻すということもあります。これはしばしば、差し戻しではないという偽装として用いられますが、このタイプの編集も3RRにとってカウント対象です。

常識を働かせ、編集合戦に参加しないでください。3RRの限界を超えるのではなく、まずは他の編集者と問題を議論してください。誰かが方針を破るぎりぎりのところまで来ているのなら、それは論争が解決されるまでページを保護すべきであることを示しているのかもしれません。

このガイドラインは、ページごとに独立して適用し、差し戻しは複数のページにまたがっては数えません。例えば、ある編集者が24時間のうちに、2つのページにそれぞれ3回の差し戻しを行ったとしても、その編集者の6回の差し戻しはこの方針の違反を構成しません。

このガイドラインは、自己差し戻し、単純な荒らしからの是正、メンテナンス目的(紹介やサンドボックス等)での差し戻し、「追放」あるいは投稿ブロックされた利用者の編集を差し戻す行為には、適用しません

このガイドラインは、移動(改名)の繰り返し(移動合戦)、記事作成の繰り返しにも、適用されます。2名またはそれ以上の人数の管理者および削除者により、削除と復帰および取り消し(もしくは削除前の問題記事を再投稿)を繰り返すこと(削除合戦)が起こった場合も同様です。これらはどんな形であれ、過度に繰り返されれば編集合戦となります。

注意: 個々の差し戻しに関連性がある必要はありません。同じページに対するどんな差し戻しでも勘定されます。

ガイドラインの意図[編集]

3RRは権利を示すものではなく、機械的な防御壁です。3RRが意図するのは、編集合戦の抑止です。24時間ごとに3回までならば差し戻しをしてもよいということでは決してありませんし、また編集テクニックとしての差し戻しを支持もしません。しつこい差し戻しは、落胆ばかりが残りますし、他者との軋轢を生むことともなります。

過度な差し戻しを行った利用者がブロックされるかもしれないという事実は、必ずしもブロックされることを意味しませんが、同様に、4回未満の差し戻しであっても状況によってはブロックの原因になります。

もしあなたがあるページを日に一度でも差し戻しを行ったならば、それは問題の兆候であり、論争の解決を試みるべきです。いつでもノートページから始めてください。

どんな変更に対しても、差し戻しはそれぞれただ1度だけにしておくことを強く推奨します。(Harmonious editing clubも参考にしてください)

投稿ブロックは常に、懲罰ではなく、予防です。済んでしまった編集合戦に対する対処は無意味です。現在進行中の問題以外は報告しないでください。

例外[編集]

荒らし[編集]

一般に、投稿ブロックは単一の利用者またはIPアドレスからの繰り返しの荒らし行為に対する、よい解決策です。複数の箇所から荒らしが行われている場合、ブロックは効果がないので、有用な編集に影響を及ぼす可能性がないならば、ページの保護をすべきです。

そのように、荒らしに対処するために差し戻しを繰り返すときは、別の手段も考慮してください。

記事内容の議論に関わらない明らかな荒らしに対しては、3RRは適用されません。

潜在的に中傷的な題材[編集]

存命人物の伝記(BLP)の方針に違反する、中傷的であったり、偏っていたり、出典がなかったり、あるいは出典に乏しい問題のある素材を除去することは、3RRの例外になります。この例外規定を適用できるかどうかはすべての編集者にとって必ずしも明白ではない場合があるので、代わりに井戸端に「BLP:○○○○」(○○○○は問題となっている記事のタイトル)という節見出しを使って報告することを検討してください。

荒らしと同じように、繰り返しそのような素材を追加する行為に対しては、投稿ブロックとページ保護での対処が最善です。

利用者ページ[編集]

3RRは原則的に、自己の利用者ページ(関連する会話ページとサブページを含む)の差し戻しに対しては、実施されません。利用者は利用者ページを所有してはいませんが、利用者空間はプロジェクトに関連した目的のもと、利用者自身のものであるという原則があるからです。この経験則の例外として、管理者、CheckUser、または開発者によってソックパペットとして特定された場合で、ソックパペット用タグが絶えずその利用者によって利用者ページから剥がされた場合があります。別の例外は、まだ有効な警告を会話ページから繰り返し除去する行為です。これらの状況下では、3RRが適用されます。

通常、アーカイブ化を除いて、会話ページから(個人攻撃の除去以外の)コメントを取り除くことは不作法であると考えられています。

管理者が関わっている場合[編集]

荒らしあるいはspamの場合を除いて、管理者は自分自身が記事内容の議論に関わっている場合、差し戻しの相手方を投稿ブロックしてはなりません。その代わり、Wikipedia:管理者伝言板/3RRに掲示して他の管理者の判断を仰ぐべきです。

実施にあたって[編集]

この規則は以下のように実施されます:

  • ウィキペディアを良くするための慣習を理解しない利用者の教育
  • 例示による相互圧力とリーダーシップ
  • 差し戻し合戦のためにページが保護される時、管理者は過度の差し戻しを行った利用者が好まない版でページを保護するかもしれません。保護の方針を見てください。また、管理者には最新版を保護する選択肢があって、これによって、中立を維持します。

3RR方針への違反は、Wikipedia:管理者伝言板/3RRへ掲示することで、管理者に注意を促せます。

繰り返し違反する人は、長期のブロックされるかもしれません。またこれは、定期的に「ゲーム」を試みるものにも適用されます。

たとえば、24時間をちょっと外れて4度目の差し戻しを行ったり、その編集者の好みの言葉を回復するために「複雑な差し戻し」による偽装を試みることなどが当てはまります。

違反した編集者が、ガイドライン違反を反省しているなら、管理者は裁量によってブロックを解除できます。

3RRでブロックされてしまいました。どうしたらよいでしょう?[編集]

始めに、24時間か近い期間に、4度の差し戻しか、それに近い行為を本当に行ったかどうか確認してください。

  • 行っていないならば、ブロックした管理者または他の管理者にメールを送り、礼儀正しくその事実を指摘して、ブロック解除するよう頼んでください。
  • 行ったならば、最低24時間待つか、ブロックした管理者または他の管理者にメールを送り、誤りを認めてブロック解除してもらうよう頼んでください(当然、解除されないかもしれません)。

問題の編集内容を考慮する管理者もいますが、そうでない管理者もいます。

歴史的に見て、ブロックした管理者を公然と非難することは共感を得られたことがないということに注目してください。しかし、重大な誤用があったならば、Wikipedia:管理者伝言板/3RRに報告できます。もっと重大なケースでは、Wikipedia:コメント依頼の「管理者の特権の使用」節に問題を提起できます。

3RRを破ってしまいました。どうしたらよいでしょう?[編集]

あなたが3RRを誤って破ってしまったと自覚した、または他の利用者からあなたが3RRに違反していると指摘されたなら、自分自身の変更を「その他の版」へ自分自身で差し戻すことができます。一般的に、ブロックされないと言う確実な保証はありませんが、これはあなたがブロックされることを防ぐのに充分です。

関連項目[編集]