WASP-11/HAT-P-10

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
WASP-11 / HAT-P-10
星座 ペルセウス座
視等級 (V) 11.57[1]
変光星型 惑星による食
分類 連星
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 03h 09m 28.5427034552s[1]
赤緯 (Dec, δ) +30° 40′ 24.868785834″[1]
視線速度 (Rv) 4.74 ± 0.54 km/s[1]
固有運動 (μ) 赤経:3.856 ミリ秒/年[1]
赤緯:-44.826 ミリ秒/年[1]
年周視差 (π) 7.9921 ± 0.1325ミリ秒[1]
(誤差1.7%)
距離 408 ± 7 光年[注 1]
(125 ± 2 パーセク[注 1]
絶対等級 (MV) 6.1[注 2]
物理的性質
半径 0.74 ± 0.01[2] / 0.34 ± 0.05[3] R
質量 0.77 ± 0.02 M[2]
表面重力 4.58 ± 0.02 (log g)[2]
自転周期 0.5 ± 0.2 km/s[4]
スペクトル分類 K3V[5]
光度 0.28 ± 0.002 L[2]
表面温度 4,884 ± 16[2] / 3,483 ± 43[3] K
金属量[Fe/H] 0.13 ± 0.08[4]
年齢 87 ± 35 億年[2]
別名称
別名称
GSC 02340-01714[1]
Gaia DR2 123376685084303360[1]
HAT-P-10[1]
WASP-11[1]
2MASS J03092855+3040249[1]
Template (ノート 解説) ■Project

WASP-11/HAT-P-10は、ペルセウス座の方向にある12等星で、太陽系から400光年離れた位置にある。2つの恒星から成る連星[3]、主星のWASP-11A/HAT-P-10A太陽と比べてやや小さく暗い恒星で、表面温度4,890K質量半径が太陽の8割、明るさが3割から4割程度と推定されている[4]。一方で、伴星WASP-11B/HAT-P-10Bは、太陽の0.34倍で、表面温度は3,483Kと低温である[3]

大きさの比較
太陽 WASP-11/HAT-P-10
太陽 Exoplanet


惑星[編集]

2008年にWASP-11/HAT-P-10の主星の周囲を公転する太陽系外惑星WASP-11b/HAT-P-10bが報告された[4][5]。これは2つの独立したチームによって食検出法で発見されたもので、WASPとHATの名称が併記されるのはこのためである(発見と命名の経緯はWASP-11b/HAT-P-10bを参照)。惑星は木星の半分程度の質量を持つホットジュピターで、発見時は、食が検出された系外惑星としてはグリーゼ436bHD 17156 bに次いで3番目に日射量が少ないのが特徴だった[5]

WASP-11/HAT-P-10の惑星[4]
名称
(恒星に近い順)
質量 軌道長半径
天文単位
公転周期
()
軌道離心率 軌道傾斜角 半径
b 0.460±0.028 MJ 0.0439+0.0006
−0.0009
3.7224690±0.0000067 0 88.5±0.6° 1.045+0.050
−0.033
 RJ

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算、光年は1÷年周視差(秒)×3.2615638より計算
  2. ^ 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。小数第1位まで表記

出典[編集]

関連項目[編集]