Wシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Wシリーズ』(W series)は、講談社タイガより発行されている森博嗣の小説シリーズである。

概要[編集]

同作者の『百年シリーズ』で登場したウォーカロン(walk-alone)が存在する未来の世界での話である。ウォーカロンは今作で「単独歩行者」という訳が当てられている。また内容やタイトル、章タイトル(疑問形)などから百年シリーズの続編とも捉えることが出来る。

森博嗣の既刊シリーズを読まずとも単独シリーズとして読むことができるが、他シリーズとの密接な関わりを持っていることが示唆されている。作者は旧作のどれを読んでおく必要があるのか、という質問に対し、「べつにどれも読む必要はありません」としながらも「ただし、どうしても挙げろと言われれば、百年シリーズ3部作でしょうか。その次は、Gシリーズ」と答えている。また10作程度のシリーズ刊行予定がある[1]

1作目は講談社タイガの創刊ラインナップのひとつであり、本作が森博嗣の小説で初めての文庫書き下ろしとなる。

表紙デザインは引地渉

登場人物[編集]

 ・ハギリ・ソーイ・・・・主人公。研究者。

 ・ウグイ・マーガリイ・・情報局員。5作目までハギリの身辺警護を行っていたが、昇進により、6作目から現場を離れる。

 ・アネバネ・・・・・・・情報局員。2作目よりハギリの身辺警護として登場。ウグイの部下。

 ・キガタ・サリノ・・・・情報局員。ウグイに代わり、「青白く輝く月を見たか?」からハギリの身辺警護にあたる。

 ・シモダ・・・・・・・・ウグイの上司。ハギリが研究を行う施設「ニュークリア」の所長。

 ・ツェリン・パサン・・・医療関係の研究者。特区・ナクチュの研究をしていた。自身で出産した息子がいる。

 ・ハンス・ヴォッシュ・・ドイツ人の科学者。100年ほど前にノーベル賞を受賞している。物理学と生物学に精通する天才の一人。

 ・デボラ・・・・・・・・トランスファ。人工知能やウォーカロンと異なり、肉体を持たずにネット空間を自由に移動できる。電子頭脳に入り込めるため、電子頭脳を持った肉体を操ることができる。ハギリの良き話し相手。

 ・アミラ・・・・・・・・人工知能。シリーズの中で最初に発見され、ナクチュの近く、HIXの敷地内の古い天文台に設置されている。

 ・オーロラ・・・・・・・人工知能。北極にある潜水艦ブルームーンに設置されていた。サブセットを用いて肉体を持ち、講師として働いている。

             バーチャルの村、テルグの住人になった。

 ・ベルベット・・・・・・人工知能。

 ・ペガサス・・・・・・・人工知能。

シリーズ作品[編集]

講談社タイガより書き下ろしで刊行。

  • 彼女は一人で歩くのか? Does She Walk Alone? (2015年10月発行、ISBN 978-4-06-294003-0
  • 魔法の色を知っているか? What Color is the Magic? (2016年1月発行、ISBN 978-4-06-294013-9
  • 風は青海を渡るのか? The Wind Across Qinghai Lake? (2016年6月発行、ISBN 978-4-06-294036-8
  • デボラ、眠っているのか? Deborah, Are You Sleeping? (2016年10月発行、ISBN 978-4-06-294037-5
  • 私たちは生きているのか? Are We Under the Biofeedback? (2017年2月発行、ISBN 978-4-06-294061-0
  • 青白く輝く月を見たか? Did the Moon Shed a Pale Light? (2017年6月発行、ISBN 978-4-06-294075-7
  • ペガスの解は虚栄か? Did Pegasus Answer the Vanity? (2017年10月発行、ISBN 978-4-06-294090-0

関連シリーズ[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]