Vジャンプ海賊ステーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

古田新太のVジャンプ海賊ステーション(ふるたあらたのブイジャンプかいぞくステーション)は、ニッポン放送で1991年10月から1994年3月まで放送されたゲーム情報番組である。

パーソナリティ[編集]

放送時間[編集]

  • 1991年10月-1992年3月毎週日曜19:30-20:00
  • 1992年4月-9月毎週月曜20:30-21:00
  • 番組末期、土曜日21:30-22:00

概要[編集]

雑誌『Vジャンプ』との連動番組である[1]

横山智佐[2]の不思議の国の素敵にメモワール』というアニメ情報番組を電波ジャックし放送する(という設定の海賊ごっこ)スタイルで製作され(素敵にメモワールは地方局に裏送り)、Vジャンプ提供のゲーム情報や、(鳥山明堀井雄二坂口博信広井王子が開発したという設定の)架空のゲーム『ドラゴンファンタジー』についての情報を受けつけるコーナーが存在した[3]。それを番組中期になると横山ファンからの苦情が殺到し、「一部でジャックされてるらしいんだよね・・・」と不満を表明。まもなく横山が番組に乱入してからは準レギュラーとなり、既述のゲームをもとにしたラジオドラマ『ドラゴンファンタジー』の勇者役も務めた。現在でいうアニラジにあたるが、当時そのような呼ばれ方はされていない。

本番組終了後に、古田・犬山コンビのやり取りが好評だったのか、2人で『サンデーおちゃめナイト』のMCを務めるに至る。

構成作家を宮川賢が務めていた。

関連リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ただしスポンサーはハドソンなどのゲームメーカーであり、出版元の集英社は入っていなかった。
  2. ^ 当時横山は、『週刊少年ジャンプ』の読者コーナーである「ジャンプ放送局」のアシスタントを務めていた。
  3. ^ Vジャンプ誌上でもコーナーとして連載された。