TENVI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
TENVI
ジャンル MMORPG
対応機種 Windows
開発元 大韓民国の旗NEOWIZ GAMES
大韓民国の旗SYMMETRIC SPACE
発売元 日本の旗ネクソン
発売日 日本の旗2008年9月30日
利用料金 日本の旗基本無料(アイテム課金
必要環境 対応OS:Windows2000/XP/Vista
CPU:Pentium Celeron 700MHz以上
メインメモリ:256MB以上
ビデオカード:GeForce4 MX440以上
DirectX:9.0以上
テンプレートを表示

TENVI(テンビ)は、ネクソンが運営していたほのぼの系MMORPGである。2008年8月21日にオープンβテストが開始され、同年9月30日に正式サービスが開始された。 プレイは無料。アイテム課金制度を導入していたが2010年1月28日より全無料化した。ガーディアンに乗って戦うという特徴はあったが、クエストを進行していくという点は、他のMMORPGと同じだった。2D3Dの組み合わせでゲームを構成していた。

2010年3月31日11時をもって、日本でのサービスは終了した。

概要[編集]

TENVIは、地球ではないどこかの惑星『パブラワールド』がゲームの舞台となっている。『パブラワールド』にはアンドラス族、タリー族、シルヴァ族の族があり、『パブラワールド』に危機があるため、それぞれガーディアンを持っている。アンドラス族には「ロボット」、タリー族には「スーパーヒーロー」 シルヴァ族には「ドラゴン」がガーディアンである。攻撃は、大きく分けて、2種類あり、『物理攻撃』『魔法攻撃』がある。アンドラス族とタリー族の半分は、『物理攻撃』であり、シルヴァ族はほぼ『魔法攻撃』といっていいくらいである。最初は、炎上した飛行船からチュートリアルが始まる。チュートリアルをクリアすると、レア装備をゲットできる。開放レベルは、1~120。

外部リンク[編集]