Synchronous Digital Hierarchy

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
TCP/IP群
アプリケーション層

BGP / DHCP / DNS / FTP / HTTP / IMAP / IRC / LDAP / MGCP / NNTP / NTP / POP / RIP / RPC / RTP / SIP / SMTP / SNMP / SSH / Telnet / TFTP / TLS/SSL / XMPP

カテゴリ
トランスポート層

TCP / UDP / DCCP / SCTP / RSVP

カテゴリ
ネットワーク層

IP (IPv4IPv6) / ICMP / ICMPv6 / NDP / IGMP / IPsec

カテゴリ
リンク層

ARP / OSPF / SPB / トンネリング (L2TP) / PPP / MAC (イーサネットIEEE 802.11DSLISDN

カテゴリ

同期デジタル・ハイアラーキ英語:synchronous digital hierarchy、略称:SDH)は、地域によって異なっていたプレシオクロナス・デジタル・ハイアラーキ(plesiochronous digital hierarchy、PDH)を世界的に統一する目的で、1988年ITU-Tによって制定された、同期網の構成である。Bellcore社によって提案されANSI(米国規格協会)で規格化されたSONET(Synchronous Optical NETwork)を元にしているため、SONET/SDHとも表記される。SONETとSDHは、伝送速度系列が違うなどいくつかの相違点がある。

特徴[編集]

多重化は、ブロックフレームの周期を125μsに一定にして、内部の利用者データーのペイロードの入れ物であるバーチャルコンテナ(VC : Virtual Container)の数を増やすことによって行われる。また、フレームには、バーチャルコンテナの他に網管理のためのセクションオーバーヘッド(SOH)、周波数位相同期のための管理ポインタ(AUPTR)、各パスを識別するためのパスオーバーヘッド(POH)が付加される。

このようにして、次のような機能を実現している。

  • 利用者データーから独立した網管理情報を持つため、信頼性の高い通信が可能である。
  • 管理ポインタを利用して周波数・位相の同期をとるため、交換機間のずれの補正が容易でより高速な通信に対応できる。
  • 管理ポインタ・パスオーバーヘッドを利用して、低速なチャネルから高速なハイアラーキへの多重化や、高速なハイアラーキから直に各チャネルの情報を取り出すことが可能である。

伝送速度系列[編集]

名称 伝送速度 Mbps ペイロード Mbps
SDH SONET
STM-0 OC-1 51.84 49.536
STM-1 OC-3 155.52 149.76
STM-4 OC-12 622.08 599.04
STM-16 OC-48 2488.32 2396.16
STM-64 OC-192 9953.28 9584.64
STM-256 OC-768 39813.12 38338.56

関連項目[編集]