RISC Single Chip

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
RISC Single Chip (RSC)
生産時期 1993年から
設計者 IBM
生産者 IBM
CPU周波数 33MHz  から 45MHz 
命令セット POWER (32ビット)
コア数 1
前世代プロセッサ IBM
次世代プロセッサ IBM
トランジスタ IBM
L1キャッシュ IBM
L2キャッシュ IBM
L3キャッシュ IBM
L4キャッシュ IBM
GPU IBM
コプロセッサ IBM
ブランド名 IBM
テンプレートを表示
RSCチップの論理構造図

RISC Single Chip (RSC)は、IBMが開発・製造した、シングルチップのマイクロプロセッサである。

RSCは、POWER命令セットアーキテクチャを持つマルチチップのPOWER1マイクロプロセッサーの、機能削減・シングルチップ版である。RSCは、IBM RS/6000ファミリーのモデル220や230などの、エントリーレベルのワークステーションで使用された。RSCの派生製品には、耐放射線版のRAD6000や、最初のPowerPCプロセッサであるPowerPC 601がある。

RSCはクロック周波数 33MHz および 45MHz で稼動した。RSCはALUFPU、ブランチプロセッサーの3つの実行ユニットと、8KBの一元化された命令およびデータを持った。

参照[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]