Espresso

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Espresso
Nintendo-Wii-U-MCM.jpg
ヒートスプレッダを外したWii Uマルチチップモジュールのイラスト。右下の小ぶりなチップがIBM製の"Espresso"。他のチップはAMD製GPU(大きなチップ)"Latte"とルネサス製EEPROMチップ(最も小さいチップ)。
生産時期 2012から
販売者 Nintendo
設計者 IBM, 任天堂 統合研究開発英語版, Nintendo Technology Development英語版
生産者 IBM
CPU周波数 1.24 GHz
命令セット Power Architecture
マイクロアーキテクチャ Not verified by Nintendo[訳語疑問点]
コア数 3
前世代プロセッサ IBM, 任天堂 統合研究開発英語版, Nintendo Technology Development英語版
次世代プロセッサ IBM, 任天堂 統合研究開発英語版, Nintendo Technology Development英語版
トランジスタ IBM, 任天堂 統合研究開発英語版, Nintendo Technology Development英語版
L1キャッシュ IBM, 任天堂 統合研究開発英語版, Nintendo Technology Development英語版
L2キャッシュ IBM, 任天堂 統合研究開発英語版, Nintendo Technology Development英語版
L3キャッシュ IBM, 任天堂 統合研究開発英語版, Nintendo Technology Development英語版
L4キャッシュ IBM, 任天堂 統合研究開発英語版, Nintendo Technology Development英語版
GPU IBM, 任天堂 統合研究開発英語版, Nintendo Technology Development英語版
コプロセッサ IBM, 任天堂 統合研究開発英語版, Nintendo Technology Development英語版
ブランド名 IBM, 任天堂 統合研究開発英語版, Nintendo Technology Development英語版
テンプレートを表示

Espresso (エスプレッソ) は任天堂の家庭用ゲーム機Wii Uに使用されている32bit CPUのコードネーム。IBMによって設計された。45nmSOIプロセスによって製造されている。Espressoチップはルネサスによって製造されたマルチチップモジュール上に、AMDGPUと共に載っている。2011年6月のE3 2011英語版で発表され、2012年11月に発売された。

設計[編集]

ヒートスプレッダ付きWii Uマルチチップモジュールのイラスト。任天堂によって設計され、そのコンポーネントがAMD、IBM、ルネサスによって作られており、2012年の第26週[※ 1]に日本で製造されたことが、マーキングされている。

IBMと任天堂はEspressoが、消費電力低減と処理速度向上のため単一チップ上に3つのコアを持つPowerアーキテクチャのマイクロプロセッサであると明らかにした。Espresso CPUとGPUは、複雑さの低減、チップ間通信の高速化、消費電力低減、コストと基板上スペースの削減のため、マルチチップモジュールとして単一の基板上に配置されている。二つのチップはルネサスによって、マルチチップモジュールに日本国内で組み立てられる[1]。Espressoチップそのものは、ニューヨーク州East FishkillにあるIBMの300mmウェハ工場で45nmSOI技術で製造される[2]。チップにはCPUキャッシュ用として、製造時にeDRAMが埋め込まれている。

その後、任天堂によっては確認されていないが、ハッカーや分解を試みた者、非公式の情報提供者によって名前[3]や大きさ[4][5]、速度[6][7]など、Espressoについての詳細情報が明らかにされた。マイクロアーキテクチャは先代のBroadwayGekko、すなわちPower PC 750ベースのプロセッサにかなり似ているが、CPUキャッシュがより大きく、高速なものになり、マルチプロセッサ対応となった。

Wii UのCPUつまるところのEspressoは、IBMのサーバ向けハイエンドCPU POWER7から派生したとの噂があったが、嘘であったことがわかった。EspressoはeDRAMやPowerアーキテクチャなど、いくつかの技術をPOWER7と共有しているが、これは表面的な類似点に過ぎない[8][9][10][11][12]

仕様[編集]

以下の仕様は、任天堂及びIBM双方が公式に認めるものではない。これらの情報は、marcanの別名を持つハッカーHector Martinによるリバースエンジニアリングによって得られた[13]


脚注[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 訳注:6月
  2. ^ 訳注:Wii
  3. ^ 訳注:ゲームキューブ

外部リンク[編集]