Gekko

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Gekko
GEKKO.jpg
生産時期 2000年から
設計者 IBM
生産者 IBM
CPU周波数 486MHz 
命令セット Power Architecture(32ビット)
コア数 1
テンプレートを表示

Gekko (ゲッコー)は、2000年ゲーム機ニンテンドーゲームキューブCPU用にカスタマイズされ作られた、IBMによる32ビットPowerPCマイクロプロセッサである。

開発[編集]

このゲームシステムにおけるGekkoの目的は、ゲームの記述や人工知能、衝突検知、ライティング効果やスムーズな変身などの幾何学のグラフィック、システムを通してのグラフィックの移動などを、容易にする事だった。

このプロジェクト1999年に発表され、IBM任天堂は約400MHzで稼働するCPUのために10億ドルの契約に合意した。IBMは、"Flipper" グラフィックプロセッサとは別に、タイトでバランスのとれたオペレーションなどの任天堂の要望を確実にするため、既存のPowerPC 750CXeプロセッサを修正する選択をした。このカスタム化は、バスアーキテクチャ、DMA、圧縮、SIMD命令のスペシャルセットをサポートするFPUなどに対して行われた。このCPUはカスタムなライティングや幾何学、そして大量の圧縮データをGPUへ直接転送するなどの作業をするよう作られた。

IBMのカスタム化は任天堂の仕様を上回る性能となった。Gekkoプロセッサは、後にIBMが設計および製造してWiiに搭載されたBroadwayプロセッサの、直系の祖先と考えられている。

仕様[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]