PowerPC 603

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
XPC603EFE100LF
XPC603PRX200LC

PowerPC 603シリーズはアップルコンピュータモトローラIBMが共同で開発した32ビットRISCマイクロプロセッサである。PowerPC 601の後継として、低消費電力に主眼を置いて開発された。アップルコンピュータのPowerBookシリーズ、Performaシリーズなどに採用された外、組み込み用途では現在も用いられている。

PowerPC 603には発展系の同603e、603evが存在する。パーソナルコンピュータに採用されていた期間が長いことや、現在も生産されていることなどから603よりもむしろ603eの方が一般的である。また、603eと603evの区別は曖昧である。

設計[編集]

PowerPC 603及びその発展型である603e、603evは32ビットのRISCプロセッサである。先代のPowerPC 601とは異なり、POWERアーキテクチャとの互換性はない。 主な仕様は以下の通りである。

動作クロックは初期の603で66MHzで、最終的には300MHzのものまで開発された。

特徴[編集]

低消費電力なPowerPCの中でも特に低消費電力である。300MHzでの平均消費電力は3.5W。ダイサイズも小さく、価格も同世代の604シリーズに対して低価格であった。これらのことからノートパソコンローエンド~ミッドレンジの据え置き型に多く採用された。

一方で処理性能に関しては、整数演算ユニット及び浮動小数点数演算ユニットが大変強力なPowerPC 604シリーズには遠く及ばず、603ev 240MHzでようやく604e 150MHz~180MHzに並ぶ程度であった。また、1クロックあたりの処理能力は601にも劣った。603eの後継であるPowerPC 750(G3)では整数演算ユニットの強化及びバックサイドL2キャッシュの採用により大幅に性能が向上し、604シリーズを凌駕する性能を得たが、それでもFPUの性能では劣っていた。

製品[編集]

  • PowerPC 603
  • PowerPC 603e
  • PowerPC 603ev

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ただし、一次命令キャッシュの帯域が64バイト/クロックに制限されているため、実際には2命令/クロックの性能しか持続できない。この制限は、後継のPowerPC G3では改善された。

関連項目[編集]