N-BOX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

N-BOX(えぬぼっくす)は、サッカーフォーメーションの1つ。Jリーグジュビロ磐田2001年に採用した中盤の陣形である。

N-BOX

名前の由来[編集]

2001年にジュビロの鈴木政一監督が採用した中盤の陣形を、『週刊サッカーマガジン』が、中心選手だった名波浩のイニシャルから「N-BOX」と命名した。

システム[編集]

フォーメーションとしては3-5-2だが、一般的な3-5-2とは中盤の構成が大きく異なる、極めて特殊な3-5-2である。ウイングバックを置かず、センターハーフの名波浩を中心として前方にオフェンシブハーフの藤田俊哉奥大介、後方にディフェンシブハーフの服部年宏福西崇史が箱型に並ぶサイコロの5の目のような中盤を構成する。

また、2トップ・3バックであるため、サイドプレイヤーを全く置かないという、大きな特色がある。

選手[編集]

N-BOXの由来となった名波は流動的なパス交換の中継点となり、守備でも堅実にカバーリングをこなすなど、システムの中核として働いた。

また、同時期のジュビロの、上記5人以外の主な選手としては、

らが挙げられる。

経緯[編集]

1999年に行われたアジアクラブ選手権を制していたジュビロはFIFAクラブ世界選手権2001への出場を想定してこの布陣を準備した。また、出場クラブの中でも特に当時「銀河系軍団」を擁して黄金期を築いていたレアル・マドリードとも対戦することが決まっていたため、「レアルを倒すために作られた」とも言われていた。ところが、大会を運営していたスイス広告代理店ISLの倒産により大会の開催が中止となってしまう。しかし、Jリーグでは翌2002年にかけて「他の選手が何をしたいかが、分かった」とまで言われる見事な連携を披露、強く華麗なパスサッカーを展開した。

関連項目[編集]