Mr.カラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Mr.カラーの瓶。左側は調色用の色

Mr.カラー(ミスターカラー)は、GSIクレオスが発売している模型塗料のシリーズ。同社模型部門(MR.HOBBY ブランド)の主力商品である。製造は藤倉化成で、溶剤系(油性)アクリル樹脂塗料に分類される。

概要[編集]

米国の大手模型メーカーレベル社の輸入代理店として同社製品の国内販売を行っていたグンゼ産業(現・GSIクレオス)が、1960年代の後半に藤倉化成と共同で開発したプラモデル用の塗料。当初は「レベルカラー」と称していたが、1977年にレベルとの提携解消に伴い「Mr.カラー」と改称された。プラモデル用として先行して販売されていたマルサン商店の「プラカラー」が、色数が少なく混合して使用するのが普通であったのに対し、調色済みの専用色を多数用意し、特に当時のレベル社の主力商品であったドイツ、イギリス、アメリカ等の航空機用の色を充実させることによって差別化を行った。

レベルとグンゼ産業の提携解消後、レベルの代理店を引き継いだタカラからも、ほぼ同内容の塗料がレベルカラーの名称を受け継いで発売された。タカラ版のレベルカラーは1980年代の半ばにレベルとタカラの提携解消に伴って販売が終了。以後Mr.カラーは代表的な模型用塗料として広く国内で使用されている。また1970年代には、プラカラーを製造していた東邦化研からも、模型用として同種のアクリル樹脂塗料の「モデルカラー」が発売されており、色番号などもMr.カラーと同じであった。

材質としては非水溶性の有機溶剤を用いたアクリル樹脂塗料であり、溶剤の蒸発により強固な塗膜を形成する。ラッカー系あるいは油性アクリル塗料と呼ばれることが多く、またマルサン商店のプラカラー以前には「マメラッカー」と呼ばれる本来のラッカーが模型用に販売されていたため、Mr.カラーが同種のラッカー塗料であると混同される場合も少なくない。本製品はラッカー塗料の一種のアクリルラッカーであり、一般塗装用のラッカー(ニトロセルロースラッカー)に含まれる、スチロール樹脂を溶かし、毒性も強い溶剤は含まれていない。また成分も異なるためラッカーと混用することはできない。

1980年代から2007年までの瓶

プラモデルへの塗装を前提にして開発されており、主にプラスチック(スチロール樹脂)や木製、金属製などの模型の塗装に用いられる。ABS樹脂ポリカーボネートには不向きであり、ABS樹脂に使用すると溶剤の浸透により脆くなったり割れたりする場合がある。さらに一部の模型で使用されているポリエチレンポリアセタールには定着しにくく、下地にプライマーを塗った上からの塗装であっても、乾燥後に爪で引っ掻くと簡単に剥がれてしまう。

1980年代の初めに瓶の容量を減らした際、上部が手でつまめるような蓋の形状が採用され、以後長らく本製品の特徴となった。これは、瓶の縁に付着した塗料が固着して蓋が開けにくくなった時に、力を入れやすいように考慮されたものである。2008年11月以降、「水性ホビーカラー」や「タミヤカラーアクリル塗料」と同様のつまみの無い蓋に変更された。関連商品に、塗料が固まって蓋が開けにくくなった時に用いる「Mr.キャップオープナー」が発売されている。

有機溶剤が含まれている為に、より安全な水性塗料への移行が推奨される環境での用途(初心者や共同住宅在住者などの塗装)では、同一製造元の製品として「水性ホビーカラー」や「アクリジョン」が代替商品として奨励される。その為に、現行のプラモデルの取扱説明書で、本製品で色指定される事は少なくなった(代替には特別な場合を除き、主に「水性ホビーカラー」の色番号を用いる)。

バンダイ・ホビー事業部とタイアップして発売された「ガンダムカラー」(ガンプラの色指定に合わせた色がセットになっている)や「エヴァカラー」などは、Mr.カラーの特色であり、混合や同じシンナーの使用ができる。なおコトブキヤの「フレームアームズ」とのタイアップ商品である専用特色「フレームアームズ&M.S.Gカラーセット」(FC01〜04)は、後述の通りガイアノーツより出ているガイアカラー特色として発売されている「フレームアームズ・ガール カラー」との共通のものは存在しない。

性質[編集]

溶剤系アクリル樹脂塗料の特徴として乾燥が速く、形成される塗膜の耐久性があり、耐候性も良い。しかし、乾燥後も溶剤には溶けるため、事故で再溶解し塗装が駄目になる場合もある。固まった塗料を溶かして再利用することも可能で、近年、そのための溶剤が発売された。同種の塗料で塗り重ねを行うと下の層が溶け出す可能性もある。エナメル系や水性塗料の溶剤には侵されることはない。またエナメル系塗料と比較すると、乾きが速い上、粘性が比較的高く伸びが悪いので筆塗りにはあまり適さない(厚塗りになりやすい)が、乾燥を遅らせる「Mr.リターダマイルド」を使用することによりある程度筆塗りを容易にすることができる。エアブラシで吹き付ける際は、うすめ液で倍以上に希釈して使用するのが一般的である。吹き付け専用の「Mr.レベリングうすめ液」も発売されている。

ラインアップ[編集]

様々なジャンルの模型に対応することを考慮されており、Mr.カラーだけで100を超える色数を揃えている。特に航空機模型用の特色が豊富で、ハセガワフジミイタレリドラゴンなどの航空機模型ではMr.カラーの色名を用いて色指定が行われている(アオシマ等、水性ホビーカラーの色番号を用いる所もある)。この他、色の三原色の「色ノ源」や、パステルカラーマジョーラカラーのように混合では調色しにくい特別色や用途別の特色のセット、乾いた後に磨くと金属の質感が再現できるメタルカラーなど、「Mr.カラー」の名前を冠した瓶入り塗料だけでも商品ラインアップは200アイテム近くにのぼる。さらに、缶スプレーが70色強揃っている。

鉄道模型用として、以前には「赤11号」や「青15号」といった国鉄制式色も発売されていた。ラインアップの中に「赤2号」「灰色9号」があるのはその名残である。

リスト[編集]

番号 色名 種別 スプレー 備考
1 ホワイト(白) 光沢 GX1クールホワイト
2 ブラック(黒) GX2ウィノーブラック
3 レッド(赤) GX3ハーマンレッド
2008年のリニューアルで色合い変更
旧版は特色AVC07プリビアスレッドで復刻
4 イエロー(黄) GX4キアライエロー
5 ブルー(青) GX5スージーブルー
2008年のリニューアルで色合い変更
旧版は特色AVC05プリビアスブルーで復刻
6 グリーン(緑) GX6モウリーグリーン
2008年のリニューアルで色合い変更
7 ブラウン(茶) ×
8 シルバー(銀) メタリック 2008年のリニューアルで色合い変更
旧版は特色AVC02プリビアスシルバーで復刻
9 ゴールド(金) 2008年のリニューアルで色合い変更
10 カッパー(銅) × 2008年のリニューアルで色合い変更
11 ガルグレー 半光沢
12 オリーブドラブ(1)
13 ニュートラルグレー
14 ネービーブルー 旧別名 シーブルー
15 暗緑色(中島系) 旧別名 濃緑色(暗緑色)(1)
16 濃緑色 限定色
旧別名 濃緑色(暗緑色)(2)
17 RLM71ダークグリーン ×
18 RLM70ブラックグリーン
19 サンディブラウン 限定色
20 ライトブルー 限定色
同名の323とは別色
21 ミドルストーン
22 ダークアース
23 ダークグリーン(2) ダークグリーン(1)は17番
24
(欠番)
スカイ 飛行機用特色カラーセットCS683 C368
25 ダークシーグレー
26 ダックエッググリーン
27 機体内部色
28 黒鉄色 メタリック
29 艦底色 半光沢
30 フラットベース
スタンダード
つや消し 他に188(あらめ、ラフ)と
189(なめらか、スムース)
31 軍艦色(1) 半光沢 アメリカ海軍色
32 軍艦色(2) 旧日本海軍横須賀工廠色
33 つや消しブラック つや消し
34 スカイブルー 光沢
35 明灰白色(三菱系) 半光沢 旧名 明灰白色(1)
36 RLM74グレーグリーン × 旧名 グレー74
37 RLM75グレーバイオレット 旧名 グレー75
38 オリーブドラブ(2) つや消し
39 ダークイエロー 3/4つや消し 旧別名 サンディイエロー
1990年のリニューアルで色合い変更
40 ジャーマングレー 旧名 フィールドグレー(1)
1990年のリニューアルで色合い変更
41 レッドブラウン 1990年のリニューアルで色合い変更
42 マホガニー 半光沢
43 ウッドブラウン
44 タン(黄褐色)
45 セールカラー ×
46 クリアー(透明) 光沢
47 クリアーレッド 2008年のリニューアルで色合い変更
48 クリアーイエロー 2008年のリニューアルで色合い変更
49 クリアーオレンジ 2008年のリニューアルで色合い変更
50 クリアーブルー 2008年のリニューアルで色合い変更
51 薄茶色 半光沢 × 旧名 肌色
52 フィールドグレー(2) つや消し
53
(欠番)
ライトカーキ(バフ)
54 カーキグリーン 限定色
55 カーキ 限定色
56 明灰緑色(中島系) 半光沢 旧名 明灰白色(2)
57 青竹色 メタリック 別名 ジンクロ
58 黄橙色 半光沢
59 オレンジ(橙) 光沢 × 旧名 サファリオレンジ
60 RLM02グレー 半光沢 旧名 RLMグレー
61 焼鉄色 メタリック
62 つや消しホワイト(白) つや消し
63 ピンク(桃) 光沢
64 ルマングリーン(黄緑)
65 インディブルー 旧別名 青(2)
66 デイトナグリーン 旧別名 緑(2)
67 パープル(紫)
68 モンザレッド 旧別名 赤(2)
69 グランプリホワイト 旧別名 白(2)
70 ダークグリーン 3/4つや消し 旧名 ジャーマングリーン
1990年のリニューアルで色合い変更
71 ミッドナイトブルー 光沢 ×
72 ミディアムブルー 半光沢
73 エアクラフトグレー 光沢
74 エアスペリオリティーブルー 限定色
75 メタリックレッド メタリック
76 メタリックブルー
77 メタリックグリーン
78 メタルブラック
79 シャインレッド(朱) 光沢
80 コバルトブルー
81 赤2号(あずき色) 限定色
GM鉄道カラー1番
82
(欠番)
赤11号 ×
83
(欠番)
朱色4号 GM鉄道カラー31番
84
(欠番)
ぶどう色2号 GM鉄道カラー2番
85
(欠番)
黄かん色 GM鉄道カラー3番
86
(欠番)
クリーム4号 GM鉄道カラー4番
87
(欠番)
クリーム1号 GM鉄道カラー5番
88
(欠番)
青22号 GM鉄道カラー6番
89
(欠番)
青15号 GM鉄道カラー7番
90 シャインシルバー メタリック 旧名 光輝シルバー
91
(欠番)
ねずみ色1号 光沢 × GM鉄道カラー9番
92 セミグロスブラック 半光沢 GM鉄道カラー10番
93
(欠番)
朱色1号 光沢 × GM鉄道カラー11番
94
(欠番)
とび色2号
95
(欠番)
黄5号 GM鉄道カラー12番
96
(欠番)
緑2号 GM鉄道カラー13番
97 灰色9号 GM鉄道カラー14番
98
(欠番)
黄緑6号 × GM鉄道カラー15番
99
(欠番)
アイボリー
100 マルーン 限定色
101 スモークグレー
102
(欠番)
スモークブルー ×
103
(欠番)
ガンステンレス メタリック
104 ガンクローム 限定色
105
(欠番)
ラフベース(添加剤) つや消し
106
(欠番)
ダークシルバー メタリック
107 キャラクターホワイト 半光沢
108 キャラクターレッド
109 キャラクターイエロー
110 キャラクターブルー
111 キャラクターフレッシュ(1)
112 キャラクターフレッシュ(2)
113 RLM04イエロー ×
114 RLM23レッド
115 RLM65ライトブルー
116 RLM66ブラックグレー ×
117 RLM76ライトブルー
118 RLM78ライトブルー ×
119 RLM79サンドイエロー
120 RLM80オリーブグリーン
121 RLM81ブラウンバイオレット
122 RLM82ライトグリーン
123 RLM83ダークグリーン
124 暗緑色(三菱系)
125 カウリング色 ×
126 コクピット色(三菱系)
127 コクピット色(中島系)
128 灰緑色
129 濃緑色(中島系)
130 濃緑色(川崎系) ×
131 赤褐色
132 土草色 つや消し
133
(欠番)
土地色
134
(欠番)
草色
135 ロシアングリーン(1)
136 ロシアングリーン(2)
137 タイヤブラック
138 クリアーグリーン 光沢
151 ホワイトパール
152
(欠番)
グリーンパール ×
153
(欠番)
レッドパール
154
(欠番)
ブルーパール
155
(欠番)
スーパークリアー 後継品 GX100スーパークリアーIII
156 スーパーホワイト × 限定色
旧名 スーパーホワイトⅣ
157
(欠番)
スーパーブラック
158 スーパーイタリアンレッド
159 スーパーシルバー
160
(欠番)
クランベリーレッドパール 特色AVC03で復刻
161
(欠番)
ローズレッドマイカ スプレーのみ
162
(欠番)
ワインレッドマイカ スプレーのみ
163
(欠番)
マリンブルーマイカ スプレーのみ
164
(欠番)
ナイトパープルマイカ スプレーのみ
165
(欠番)
ブライトブルーマイカ スプレーのみ
166
(欠番)
フォレストグリーンマイカ スプレーのみ
167
(欠番)
グレーシルバーマイカ スプレーのみ
168
(欠番)
シャンパンゴールドマイカ スプレーのみ
171 蛍光レッド 半光沢 旧版はつや消しなので注意
172 蛍光イエロー 旧版はつや消しなので注意
173 蛍光オレンジ 旧版はつや消しなので注意
174 蛍光ピンク 旧版はつや消しなので注意
175 蛍光グリーン 旧版はつや消しなので注意
181 スーパークリア半光沢
182 スーパークリアーつや消し つや消し
183 スーパークリアーグレートーン ×
184
(欠番)
スーパークリアーII 光沢 後継品 GX100スーパークリアーIII
185
(欠番)
スーパーフラットブラック つや消し ×
186
(欠番)
スーパークリアーUVカット 光沢
187
(欠番)
スーパークリアーつや消しUVカット つや消し
188 フラットベース
あらめ・ラフ
×
189 フラットベース
なめらか・スムース
201
(欠番)
蛍光(クリスタル)レッド 光沢 顔料に変更したさいにつや消しに変更
202
(欠番)
蛍光(クリスタル)イエロー
203
(欠番)
蛍光(クリスタル)オレンジ
204
(欠番)
蛍光(クリスタル)ピンク
205
(欠番)
蛍光クリスタルパープル
206
(欠番)
蛍光クリスタルマルーン
207
(欠番)
蛍光(クリスタル)グリーン 顔料に変更したさいにつや消しに変更
211 クロームシルバー メタルカラー
212 アイアン
213 ステンレス
214 ダークアイアン
215 カッパー
216 ブロンズ
217 ゴールド
218 アルミ
219 ブラス
301 グレーFS36081 半光沢
302 グリーンFS34092
303 グリーンFS34102
304 オリーブドラブFS34087
305 グレーFS36118
306 グレーFS36270
307 グレーFS36320RLM70
308 グレーFS36375
309 グリーンFS34079
310 ブラウンFS30219
311 グレーFS36622
312 グリーンFS34227
313 イエローFS33531
314 ブルーFS35622
315 グレーFS16440
316 ホワイトFS17875 光沢
317 グレーFS36231 つや消し
318 レドーム 半光沢
319 薄松葉色
320 濃松葉色
321 黄土色
322 フタロシアニンブルー 光沢
323 ライトブルー 20番とは別色
324 ライトグレー 半光沢
325 グレーFS26440
326 ブルーFS15044 光沢
327 レッドFS11136
328 ブルーFS15050
329 イエローFS13538
330 ダークグリーンBS381C/641 半光沢
331 ダークシーグレーBS381C/638
332 ライトエアクラフグレーBS381C/627
333 エクストラダークシーグレーBS381C/640
334 バーリーグレーBS4800/18B21
335 ミディアムシーグレーBS381C/637
336 ヘンプBS4800/10B21
337 グレイッシュブルーFS35327
338 ライトグレーFS36495
339 エンジングレーFS16081
340 フィールドグリーンFS34097
351 ジンク・クロメイト タイプI FS34151 3/4つや消し
352 クロメイトイエロープライマーFS33481
361 ダークグリーンBS641
362 オーシャングレー
363 ミディアムシーグレイ
364 エアクラフトクレイグリーンBS283
365 グロスシーブルーFS15042 光沢
366 インターミディエートブルーFS35164 つや消し
367 ブルーグレーFS35189 光沢
368 スカイBS381C/210 3/4つや消し
369 ダークアースBS381C/450
370 エイザーブルー
374 シャロウオーシャンブルー 半光沢
375 ディープオーシャンブルー
376 レドームグレー
383 暗緑色(川西系)
384 コクピット色(川西系)
385 紅色(日本海軍機用)
391 機体内部色 ターコイズグリーン(ソビエト)
392 機体内部色 ブルー(ソビエト)
393 ロシアンエアクラフトブルー(2)
511 ロシアングリーン"480"WWII つや消し
512 ロシアングリーン"480"1947-
513 ジャーマングレー/ドゥンゲルグラウ
514 ジャーマングレー/グラウ
515 ジャーマングレー/グラウ(退色時)
516 濃緑色3414
517 茶色3606
518 OD色2314 半光沢
519 ブロンセグリュンRAL6031 つや消し
520 レーダァブラオンRAL8027
521 テーアシュバルツRAL9021
522 土地色
523 草色
524 枯草色
525 緑色
526 茶色
527 陸軍カーキ
528 IDFグレー1(-1981シナイ半島)
529 IDFグレー2(-1981ゴラン高原)
530 IDFグレー3(現用)
601 呉海軍工廠標準色 3/4つや消し
602 佐世保海軍工廠標準色
603 舞鶴工廠標準色 ×
604 外舷21号色
605 外舷22号色
606 リノリウム色
607 2704(灰色、N5) 半光沢
608 2705(暗灰色、N4) 3/4つや消し
609 滑り止め塗装部色 つや消し

派生商品[編集]

姉妹品[編集]

姉妹品として水溶性アクリル樹脂塗料の「水性ホビーカラー」(色番号頭記号はH-)がある。色数はMr.カラーより少なく、Mr.カラーと同一の色も一部用意されているが色番号にMr.カラーとの共通性はあまりない。また、さらに安全性や使い勝手に改良を加えた、アクリルエマルション系塗料の「アクリジョン」(色番号頭記号はN-)も発売されている。この二者は、種類を示す記号の差異を除き色番号が共通となっている為に、両者の移行がしやすい。

系列品[編集]

かつて[いつ?]タカラから、「ダグラムカラー」「ボトムズカラー」という、レベルカラー(タカラホビーカラー)の類似体系が発売されていたが、現在[いつ?]は同一の名称で、ボークスから「ガイアカラー」特色で発売されている。またボークスは、「レイズナー」や「ガリアン」といった、同系列のサンライズSFアニメに登場するメカの特色を、同じガイアカラー特色としてラインナップしている。なお、レベルカラー(タカラホビーカラー)とMr.カラーは、発祥を同じくしている為に、両者の混色や同一溶剤の使用が可能である。

類似品[編集]

また、グリーンマックスの「鉄道カラー」やピットロードの「艦船カラー」もMr.カラーと同じ藤倉化成が製造する溶剤系アクリル樹脂塗料であるため、こちらも混合や同じシンナーの使用が可能。ただし、こちらはMr.カラーとは別の経緯で発売された(Mr.カラーの鉄道色撤退を受けた、事実上後継商品としての)ものである。

コトブキヤより、「フレームアームズ・ガール カラー」が発売されているが、前述の通りこれは、ガイアカラーの特色であり、前述のMr.カラー特色「フレームアームズ&M.S.Gカラーセット」とは別の商品である。

逸話[編集]

本品は、水性ホビーカラーと共に、2018年現在、タミヤカラー(エナメル系)と同じく、塗装時の色彩設定時のデファクトスタンダードとなっており、各国各種のキットの色指定時に、本品の色名での指定が為されることがある。ドラゴンモデルズの取扱説明書で誤植があり、これを元にした『伝説のカラーボトル』がワンダーフェスティバル限定品として販売されている。

外部リンク[編集]