耐候性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

耐候性 (たいこうせい)は、プラスティック塗料等の高分子材料が、屋外で使用された場合に、変形、変色、劣化等の変質を起こしにくい性質をいう。

変質の原因としては、以下のものが挙げられる[1]

材料自体が耐候性に優れている場合もあるが、以下のような添加剤の配合による耐候性の向上も行われる。

測定[編集]

屋外暴露試験
通常、屋外で最も太陽光の影響を受けやすい南面・傾斜45°にサンプルを設置し、実際の天候の影響を見る方法。
機械試験
一般的な屋外条件よりも厳しい条件(強い紫外線、多量のシャワー)を作り出すウェザーメーター等の中にサンプルを入れ、経時的変化を短縮して見ることができる方法。

脚注[編集]

  1. ^ 齋藤勝裕; 山下啓司 『絶対わかる高分子化学』 講談社サイエンティフィク、2005年、68頁。ISBN 4-06-155057-8