MISTY1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
MISTY1
一般
設計者 松井充
初版発行日 1995
後継 Camellia, MISTY2, KASUMI
認証 CRYPTREC(推奨候補)、NESSIE
暗号詳細
鍵長 128 bits
ブロック長 64 bits
構造 入れ子型Feistel構造
ラウンド数 4の倍数(8を推奨)

MISTY1(あるいはMISTY-1)は、1995年に三菱電機松井充らによって開発されたブロック暗号である[1]

MISTY1は、NESSIEおよびCRYPTRECの2003年の初版において推奨暗号に選ばれたが、CRYPTRECの2013年の改訂で「推奨候補暗号」に格下げとなった。

MISTYは "Mitsubishi Improved Security Technology" を意味し、同時に開発者のイニシャルを合わせたものでもある。

MISTY1に関する特許は三菱電機が所有しているが、特許実施料は無料化されている[2][3]

セキュリティ[編集]

MISTY1は4の任意の倍数(8を推奨)のラウンド数を持つFeistel構造である。ブロック長は64ビット、鍵長は128ビットである。MISTY1は再帰構造を有しており、ラウンド関数自身が3ラウンドのFeistel構造を有している。MISTY1は線形解読法および差分解読法に対して安全であると主張している[4][5]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 暗号アルゴリズムMISTY”. 三菱電機. 2013年12月28日閲覧。
  2. ^ 世界最先端の暗号アルゴリズム「MISTY」の基本特許を国内初の無償化”. 三菱電機. 2013年12月28日閲覧。
  3. ^ RFC 2994
  4. ^ MISTYの安全性”. 三菱電機. 2013年12月28日閲覧。
  5. ^ MISTYの構造”. 三菱電機. 2013年12月28日閲覧。
  • Elad Barkan, Eli Biham and Nathan Keller, Instant Ciphertext-Only Cryptanalysis of GSM Encrypted Communication, CRYPTO 2003, pp. 600–616 (PDF).

外部リンク[編集]