ARIA (暗号)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ARIA
一般
設計者 韓国国家保安技術研究所
初版発行日 2003年
派生元 AES
認証 韓国知識経済部技術標準院
暗号詳細
鍵長 128, 192または256ビット
ブロック長 128ビット
構造 SPN構造
ラウンド数 12,14または16
最良の暗号解読
Meet-in-the-middle attack on 8 rounds with data complexity 256

ARIAは2003年に韓国の国家保安技術研究所韓国語版により開発され、2004年に韓国知識経済部技術標準院英語版にて標準暗号として選定されたブロック暗号である。

アルゴリズムはAESを元にしたSPN構造を利用しており、入出力はAESと同様にブロック長128ビット、鍵長が128ビット、192ビット、あるいは256ビットである。ラウンド数は鍵長により各々12段、14段、16段である。ARIAは2つの8x8ビットSボックスをもち、交互のラウンドでそれを逆にする。また、そのうち一つはAESのSボックスである。

鍵スケジュールは鍵を、1/πの2進展開を"Nothing up my sleeve number"のソースとした3ラウンドの256ビットFeistel構造にて生成する。

標準化[ソースを編集]

引用[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]