Lu7

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Lu7(エルユーセブン)
出身地 日本の旗 日本
ジャンル フュージョン
職業 バンド
活動期間 2000年
レーベル VME
事務所 CRYSTA
公式サイト http://lu7.biz
メンバー 梅垣ルナkeyboard
栗原務guitar

Lu7(エルユーセブン)は、梅垣ルナ(キーボード)、栗原務(ギター)からなるインストルメンタル・ユニットである。

略歴[編集]

作曲家としても多方面で活躍する梅垣ルナと、ロックバンドEUROXElectric Guitar Quartetのギタリストでもある栗原務によって2000年に結成された。 ユニット結成のきっかけとなったのは、1998年にクラウン・レコードよりリリースされたElectric Guitar Quartetのレコーディングに梅垣がキーボードで参加したことによる。 2000年にクラウン・レコードよりリリースされた2ndアルバム「エレクトリック・ギター・カルテット II」では、梅垣は演奏とアレンジの他に楽曲も提供している。 結成当初はmp3.comでの音楽配信が活動の中心で、様々な音楽的実験を行っていた。 2002年に、1stアルバム「efflorescence」をmp3.comよりリリース。(mp3.comのジャズフュージョン・チャートで一位を獲得) 2005年、2ndアルバム「L'esprit de l'exil」をフランスのmuseaレコード(国内ではインターミュージック)よりリリース。 2006年、mp3.comのサイト閉鎖に伴い廃盤になっていた1stアルバム「efflorescence」を、ボーナストラックつきでmuseaレコード(国内ではインターミュージック)より再リリース。 BS日テレ番組「MIT Revolutions」に出演。 2009年、CASIOの G-SHOCKオリジナルキャラクターである「G-SHOCK MAN」の CGアニメーションの音楽を担当。 2010年、3rdアルバム「Bonito」をVMEからリリース。 2014年、4thアルバム「Azurite Dance」をVMEからリリース。 2018年、2ndアルバム・リミックス&リマスター盤「L'esprit de l'exil Revisité」をVMEからリリース。 2019年、5thアルバム「3395」をVMEからリリース。

音楽性[編集]

ジャズフュージョンをベースにしながらも、エレクトロやエスニック、クラシック、ヒーリングと様々な要素が入っているのが特徴といえるだろう。 [1] ギターとキーボードからなる二人組のユニットであるが、演奏形態としては必ずしもデュオというわけではなく、曲によってドラムやベース、パーカッション、バイオリン、バグパイプ奏者などが加わり、その形態を変化させる。

ディスコグラフィ[編集]

  • 1stアルバム「efflorescence」(MP3.com 251203 )(2002年)
  • 1stアルバム「efflorescence」(InterMusic IM-007 )(2006年)
  • 2ndアルバム「L'esprit de l'exil」(InterMusic IM-003 )(2005年)
  • 3rdアルバム「Bonito」(VME VGDBRZ0043)(2010年)
  • 4thアルバム「Azurite Dance」(VME VGDBRZ0055)(2014年)
  • 2ndアルバム・リミックス&リマスター盤「L'esprit de l'exil Revisité」(VME VGDBRZ0068)(2018年)
  • 5thアルバム「3395」(VME VGDBRZ0069)(2019年)

映像参加作品[編集]

  • 「G-Shock man movie」CASIO(2009年)

外部リンク[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1stと2ndアルバムはプログレッシッブロック系のレーベルからリリースされていたために、プログレッシッブロックにカテゴライズされることもあるようだ。

参考文献・出典[編集]

  • Lu7ウェブサイト
  • ジャズライフ 2010年10月号インタビュー記事
  • ギターマガジン 2005年5月号インタビュー記事
  • ギターマガジン 2010年10月号インタビュー記事