KYOI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
KYOI放送局があったアギンガン岬

KYOI(キョイ)は1982年から1989年にかけて短波ラジオ放送を行っていた北マリアナ諸島サイパン国際放送局

ロック及びポップス日本ソビエト連邦(現:ロシア)、オーストラリアニュージーランド向けに放送を行なっていた。放送では「スーパーロック・KYOI(Super Rock KYOI)」という名称を使用していた。コールサインは日本語の「K-よい」からKYOIに決まった。放送局はサイパン島アギンガン岬にあった。なお番組制作はロサンゼルスで行い、サイパンへ録音テープを送って放送していた。

歴史[編集]

米マルコム社の社長がマリアナ諸島NHKワールドラジオ日本が良好に受信できることに目をつけ、当時日本になかった若者向けのロック音楽専門局を作ればヒットするのではと考え、1982年12月18日に試験放送開始した。同年12月21日に本放送開始。放送当初の周波数は、11900、15190、15405、9670 kHzであった。送信方位角の関係から電波はヨーロッパまで届いてしまい、欧州各地からも受信報告書が届いた。

放送開始時の主要ターゲット地域はBCLがブームとなっていた日本であったが、その他の地域でもリスナーが増えた。音楽好きな日本の18歳から30歳をターゲット市場とし、主にアメリカのロック音楽を継続して流していた。その当時の主な広告主はセイコーソニーコンチネンタル・ミクロネシア航空であった。

東西冷戦下でもあり、混信短波の特性である電離層の不安定さによる受信状態の変化に悩まされた。春と秋に周波数を変更する必要があるが、周知する手段は『ラジオライフ』や『ラジオパラダイス』など一部のBCL専門誌に限られた。1986年12月にクリスチャン・サイエンス・モニターがKYOIを買収し、1987年から放送内容を大幅に変更。1989年に放送終了した。

KYOI復活[編集]

2013.12.1 現在、1985年当時の音源を使ったインターネットラジオが、ロシアから放送されている。URLは次の通り。 http://kyoi.ru/sam/web/index.php

その他[編集]

  • 開局当初の日本での広告代理店は一ツ橋メディアレップ社であった。
  • 開局直後、主要スポンサーであるソニーラジカセなどに短波チューナー内蔵型のモデル(WA-5000)を発売したことがあった。
  • カーラジオに取り付ける、外付けの短波受信コンバータ(周波数変換機)も発売されていた。
  • オープンリールテープレコーダーを使っていたため、故障により回転数が遅くなってしまうなどのトラブルも起きた。
  • 時報システムの故障で、誤った時間に時報を放送してしまい、スポンサーであるセイコーが降板し、その後次々とスポンサーが降板し、経営難になったとされる。
  • 日本語のDJは松本毬生(まつもと まりお)という女性が担当していた。
  • 同一周波数に華僑向けの中央人民広播電台が出てきたこともあった。

外部リンク[編集]