James Panda Jr.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
James Panda Jr.
出身地 日本の旗 愛知県 名古屋市
職業 音楽プロデューサー
作詞家
作曲家
編曲家
DJ
活動期間 2009年 -
公式サイト PANDA 1/2 公式サイト

James Panda Jr.(ジェームズ・パンダ・ジュニア)は、日本音楽プロデューサー作詞家作曲家編曲家DJ

概要[編集]

2009年に日本の音楽ユニットPANDA 1/2のメンバーとして登場。「世界初のパンダ1頭と人間1人による音楽ユニット」というキャッチコピーとともに、2010年にメジャーデビュー。PANDA 1/2としての活動の傍ら、他のアーティストへの楽曲提供やプロデュース業も行っている。

「パンダの音楽プロデューサー」という設定で、アーティスト写真は自作のパンダのぬいぐるみ。ぬいぐるみはパペット(手を入れる動かせるぬいぐるみ)型になっており、テレビ出演時やMVなどの映像作品では本人(中の人)が手を入れて画面外から操作している。「ぬいぐるみが本体」と公言しているが、ライブでの楽器演奏時やDJ活動の際には本人がパンダのお面をつけた格好、自身曰く「人間形態」でステージに上がることもある。[1]

イメージを守るために実名や素性については公表していない。活動初期は「30億歳」や「中国・上海市出身」という設定を自称していたがこちらは現在撤廃されている。

海外での活動に積極的で、世界各国でライブ出演やUSTREAM配信を行っている(詳細はPANDA 1/2を参照)。2010年12月に、1/2カ月(15日間)でパンダのいる世界中の動物園を回っていく模様をUSTREAMで生放送した際には各種メディアにも取り上げられ話題となった。

1/2サイズの量産型ぬいぐるみパペットや、イラスト化したLINEスタンプなど自身のキャラクターを用いたグッズ展開も行っている。

人物・エピソード[編集]

  • 名前の由来はジェームズ・ボンドジャイアントパンダが好きで、この二つを合わせたもの。[2]
  • PANDA 1/2結成前にソロアーティストとして活動していた期間があり、CDリリースやニューヨーク公演を行っていた。イベントなどで当時の思い出を語ることはあるが、活動名義は公表していない。
  • 2009年にはドイツのヒップホップ・グループPUPPETMASTAZと一緒に音作りをしたり、彼らの海外公演に参加していた。[3]
  • 中国上海市に在住しスタジオを構えていた時期があり、そこで培ったネットワークにより、中国でのレコーディングや中国人アーティストへの楽曲提供も行っている。
  • 2014年にタンザニア最大の国際見本市「サバサバ」のジャパン・ブースにてジャカヤ・キクウェテ大統領、秋篠宮文仁親王殿下並びに同妃殿下の前でDJプレイを披露。その際、ジャカヤ・キクウェテ大統領がDJブースの脇まで近寄り握手を求めてきたが、お面で視界が悪く気づくことが出来ず、一国の大統領を無視してしまうという失態を演じた。
  • 2016年にタイで開催された「JAPAN EXPO THAILAND 2016」では、ステージ上でパフォーマンス中に、不注意で自身のお面のヒモを引きちぎってしまい大勢の観客の前で素顔を晒してしまいそうになるハプニングが起こった。[4]
  • 主題歌の制作を担当したアニメ『青春×機関銃』では、アニラジへの出演をきっかけに作品のファンから人気を博し、2016年1月31日に恵比寿ガーデンホールで開催されたアニメイベントではMCを務め、キャスト・声優陣と共にステージ上でゲーム対決やトークをくり広げた。
  • 声優の小松未可子とは、彼女のライブツアーに同行したり主催イベントでMCを担当するなど関係が深く、小松は「いつかPandaさんからいただいた曲にパンダという詞を乗せたいなと思っていた」と発言しており、2014年に小松の2ndアルバム『e'tuis』に提供した楽曲「PandA」にて実現。この曲の歌詞について小松は「私とPandaさんとのいろんな関係を描いてみた」とインタビューで答えている。[5]
  • 声優の前野智昭は、共演したラジオ番組内でたびたび「パンダさんの楽曲は耳に残る楽曲が多い」と評している。また、「機会があったらもっといろんな楽曲を聴かせていただいて、歌う機会があればいいなと思います」と発言している。[6]
  • 趣味は切手収集。2011年には国際切手展の公式USTREAM配信の司会を担当。自身のキャラクターをイラスト化したオリジナル切手を販売したこともある。
  • 2019年にほぼ日刊イトイ新聞の連載上にて素顔を公開。[7]。また、2019年6月4日放送のミューコミプラスにて、過去にtetrapletrapとして活動していたことも明かした。[8]

提供作品[編集]

James Panda Jr.名義での提供作品のみを記載。別名義での提供作品は記載しない。

PANDA 1/2

小松未可子

  • 「Infinity Sky」 (作曲・編曲)
  • 「情熱」 (作曲・編曲)
  • 「LAKE LIKE LIFE」 (作曲・編曲)
  • 「おすしのうた」 (作曲・編曲)
  • 「僕ら」 (作詞・作曲)
  • 「PandA」 (作曲・編曲)

佐藤聡美

  • 「恋は劇薬、口に甘し。」 (作曲) ※ゲーム『NOeSIS~羽化』エンディングテーマ

A応P

  • 「それゆけ!恋ゴコロ」 (作曲) ※アニメ『超可動ガール1/6』オープニングテーマ

SAWA

  • 「ハッピーバースデイ」 (編曲)

ハコイリ♡ムスメ

  • 「乙女はびっくり箱」 (作曲・編曲)
  • 「Let's Party Time!」 (作詞・作曲・編曲)
  • 「VIVA!トロピカル・サマーウォーズ」 (作詞・作曲・編曲)
  • 「エトワールを夢みて」 (作曲・編曲)
  • 「あの夏のリグレット」 (作曲・編曲)
  • 「私たちの宝バコ」 (作曲・編曲)

SiAM&POPTUNe

  • 「夏の魔法のコンチェルト」 (作詞・作曲・編曲)

松岡侑李

  • 「TEN YEARS AFTER」 (作曲)

*Sunshine*

  • 「DAISUKI<3シンドローム」 (作詞・作曲・編曲)

オーガニック(本物)

  • 「色づく果実」 (作詞・作曲・編曲)

ゲーム『SHOW BY ROCK!!

  • ドーリィドルチ
    • 「恋とメリーゴーランド」 (作曲・編曲)
    • 「Smile:)」 (作曲・編曲)
    • 「告白ING」 (作曲)

アニメ『ゴールデンタイム

  • キャラクターソング「Let's break together」 (作曲)

アニメ『青春×機関銃

  • オープニングテーマ「The Bravest Destiny」 (作詞・作曲・編曲)
  • キャラクターソング「僕たちのザ・大成功」 (作曲・編曲)
  • キャラクターソング「日常サヴァイヴ」 (作詞・作曲・編曲)
  • キャラクターソング「銃とオレンジ」 (作詞・作曲・編曲)
  • キャラクターソング「The Machine-gun Talk」 (作詞・作曲・編曲)
  • キャラクターソング「白黒つけてやろうじゃないか(仮)」 (作詞・作曲・編曲)

アニメ『旅のロボから』 (日本アニメ(ーター)見本市企画作品)

  • エンディングテーマ「Robo La Bamba」 (編曲)
  • BGM

海外からのUstream生放送[編集]

2010年より、おもに海外におけるライブやDJ出演の際、またミュージックビデオのロケの際に現地からUstreamを利用した生配信を不定期で行っている。2016年7月現在において世界29か国から配信している。

James Panda Jr.がこれまで現地配信を行った国[編集]

  • アジア
日本中国韓国香港タイ台湾マカオシンガポールスリランカマレーシアモンゴルキルギスカザフスタンインドカタールベトナムミャンマーインドネシアカンボジア
  • ヨーロッパ
スペインオーストリアスイスドイツフランス
  • アメリカ
アメリカメキシコ
  • アフリカ
タンザニアモザンビーク
  • オセアニア
オーストラリア

書籍・雑誌[編集]

連載雑誌

テレビ出演[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 音楽ナタリー Power Push 「James Panda Jr.」
  2. ^ 『アオハルラジオ~白黒つけてやろうじゃないか!』 2015年7月3日配信回
  3. ^ 音楽ナタリー Power Push 「PANDA 1/2」
  4. ^ 2.5D 特集 「タイ VS James Panda Jr.a.k.a(ーター)」
  5. ^ 音楽ナタリー 小松未可子「e'tuis」インタビュー
  6. ^ 『アオハルラジオ~白黒つけてやろうじゃないか!』 2015年10月2日配信回
  7. ^ 人間万事塞翁がパンダ。- ほぼ日刊イトイ新聞” (日本語). 人間万事塞翁がパンダ。- ほぼ日刊イトイ新聞. 2019年8月13日閲覧。
  8. ^ ミューコミプラス』2019年6月4日放送分より。

外部リンク[編集]