JC・シャゼイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
JC・シャゼイ
JC Chasez
別名 JC
生誕 (1976-08-08) 1976年8月8日(44歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ワシントンD.C.
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国・メリーランド州ブーイ
ジャンル ポップR&B
職業 シンガーソングライター音楽プロデューサーダンサー俳優
担当楽器 ピアノギター
活動期間 1991年 - 現在
レーベル ジャイヴ・レコード アメリカ合衆国の旗 (-2007年)
共同作業者 イン・シンクマシュー・モリソンジミー・ハリーダラス・オースティンA.J.BTベースメント・ジャックスデヴィッド・アーチュレッタ

JC・シャゼイジョシュア・スコット・シャゼイ/Joshua Scott Chasez, 1976年8月8日 - )は、アメリカ合衆国の男性シンガーソングライター音楽プロデューサー俳優ジャスティン・ティンバーレイクと並んで男性ポップグループイン・シンクのリード・シンガーとして活躍。グループ在籍時から作曲家やプロデューサーとしても活動し、2002年からソロ活動を開始した。近年は俳優としてのキャリアも積んでいる。身長180cm。

来歴[編集]

1976年8月8日、ワシントンD.C.にて誕生。5歳の時にシャゼイ家に養子として引き取られ、以後はメリーランド州ブーイで育つ。3人きょうだいの長男で、妹と弟がいる。

12歳の時、友人たちとダンスグループを組んでタレントコンテストに出場し、優勝。ステージに立つことへ興味を抱く。その後テレビ番組「ミッキー・マウス・クラブ」のオーディションに合格し、1991年から95年まで同番組の中心的人物として活躍する。(この頃からJC・シャゼイという芸名を使い始める。これは「ミッキー・マウス・クラブ」に出演し始めた頃既に'Joshua'という名前の共演者がいたためであり、混同を防ぐためにイニシャルをとってJCと名乗り始めた。)

1995年、「ミッキー・マウス・クラブ」で共演したジャスティン・ティンバーレイクの紹介でイン・シンクに加入し、リード・シンガーとして活躍。楽曲制作やプロデュースにも積極的に参加しており、特にアルバム「ノー・ストリングス」では表題曲を含め4曲を、続く「セレブリティ」でも4曲を制作した。

インシンク活動休止後、2002年よりソロ活動を開始。映画「ドラムライン」のサウンドトラックをプロデュースしていたダラス・オースティンの誘いにより、同映画にソロデビュー曲となる「Blowin' Me Up (With Her Love)」を提供。その後リリースした「Some Girls (Dance With Woman)」をリードシングルとして、2004年2月24日に1stソロアルバム「Schizophrenic(スキッツォフレニック)」をリリース(日本での発売は2004年3月10日)。しかしイン・シンク時代からの大幅な路線変更とプロモーションの失敗も相まって、USチャート最高位17位(全米での売り上げは約12万枚)と奮わなかった[1]

2005年より2ndソロアルバム「The Story Of Kate」の制作を開始するも、2007年夏に発売キャンセル。同年9月をもってイン・シンク時代より所属していたジャイヴ・レコードを離れたことを公表した[2]。以後は特定のレーベルに所属することなく、様々なクリエイターとの共作で楽曲提供やプロデュースを行っている。これまでに楽曲提供をした主なアーティストは、バックストリート・ボーイズガールズ・アラウドマシュー・モリソンデヴィッド・アーチュレッタマクフライなど。

2008年以降は映画やテレビへの出演が多くなる。特に2008年から2012年までは、オーディション番組「America's Best Dance Crew(アメリカズ・ベスト・ダンス・クルー)」にて審査員を務めていた。

2012年よりジミー・ハリーと共に女性アイドルグループGirl Radical(ガール・ラディカル)[3]をプロデュース。同グループは2014年まで活動した。

2014年にはミュージカル「ジーザス・クライスト・スーパースター」のピラト総督役に抜擢され、同年6月からの北米アリーナ・ツアーへの出演が決定。しかし5月30日、初日10日前にして突如全公演が中止となる。理由は明らかにされていないが、ニューヨーク・タイムズ紙は「チケットの売り上げがよくなかったから」と報じている[4]

2016年6月にロサンゼルス映画祭へ出品される映画「Opening Night」(旧タイトル「One Shot」)に出演[5]。主演であるトファー・グレイスのライバル役を演じている[6]

人物・エピソード[編集]

  • 幼少の頃はかなりの人見知りだったという。
  • イン・シンクメンバーの中で唯一独身である。過去には女優のタラ・リードエヴァ・ロンゴリアと交際していた。
  • イン・シンク時代からグループを牽引する歌唱力の持ち主であり、様々な曲調の曲を歌いこなすことが出来る。メンバーのジャスティン・ティンバーレイクはシャゼイの歌声を「あらゆるボーイバンドの中でもいちばん」と評した[7]。またランス・バスは2014年に行われた自身の結婚式でファーストダンスの歌をシャゼイに依頼しており、「今まで生きてきた中でいちばん素晴らしい歌声」と絶賛している[8]
  • 2004年発売のアルバム「Schizophrenic」発売直前にプロボウルのハーフタイムショーへの出演が決まっていたが、直前にNFLによって出演をキャンセルされた。これはシャゼイ本人に問題があったわけではなく、同じイン・シンクのメンバーだったジャスティン・ティンバーレイクが、プロボウルの前週に開催されたスーパーボウルのハーフタイムショーにて不適切な演出をしたことが原因と言われている。(ティンバーレイクの件が大スキャンダルになったことで、その余波からくる新たなトラブルを危惧したNFLが一方的にシャゼイを降板させた。)[9]
  • 手がけた楽曲は他のクリエイターとの共作が多い。

ディスコグラフィー[編集]

イン・シンクとして参加している作品は「イン・シンク」の項目を参照のこと。

アルバム[編集]

  • 2004年 スキッツォフレニック  Schizophrenic

シングル[編集]

  • 2003年 Blowin’ Me Up (With Her Love)
  • 2003年 Some Girls (Dance With Woman)
  • 2004年 All Day Long I Dream About Sex
  • 2006年 Until Yesterday
  • 2007年 You Ruined Me ※配信のみ

客演・参加作品[編集]

タイトル アーティスト 収録アルバム 備考
2000年 Bring It All To Me Blaque featuring JC Chasez Blaque
Give In To Me Euge Groove Euge Groove メインボーカル。作曲も担当。
2003年 Plug It In Basement Jaxx feat. JC Chasez Kish Kash
Force Of Gravity BT feat. JC Chasez Emotional Technology 作曲にも参加。
Somnambulist BT バックコーラス参加。
2012年 Animal Kristina Maria feat. JC Chasez Tell The World 作曲も担当。
This I Promise You Richard Marx with JC Chasez A Night Out With Friends ライブアルバム。
2014年 My Girl Smokey Robinson, Aloe Blacc, Miguel & JC Chasez Smokey&Friends
2015年 Blow Up The Moon Blues Traveler feat. 3OH!3, JC Chasez Blow Up The Moon 作曲にも参加。

楽曲提供・プロデュース[編集]

アーティスト タイトル 収録アルバム 参加形態
2000年 Boyz N Girlz United Messed Around Boyz-N-Girlz United コンポーザー
Can't Stop Loving You
2001年 Scene23 He Said She Said Music From The Show Popstars 2: Introducing Scene 23 コンポーザー、ボーカルアレンジメント
What She Got
Respect Me ボーカルアレンジメント
Joey Fatone Ready To Fall On The Line (Soundtrack) プロデューサー
Wild Orchid Lies Fire コンポーザー、プロデューサー
Just Another Girl
Fire
You Knew
2005年 Girls Aloud Watch Me Go Chemistry コンポーザー
2007年 Backstreet Boys Treat Me Right Unbreakable コンポーザー、ボーカルアレンジメント、

ボーカルプロデュース、アレンジメント

Jonatha Brooke Careful What You Wish For Careful What You Wish For コンポーザー、バックコーラス
Beautiful Girl コンポーザー
The Cheetah Girls Break Out This Box TCG コンポーザー、ピアノ
2008年 David Archuleta Don't Let Go David Archuleta コンポーザー、プロデューサー、

バックコーラス、ピアノ

2010年 McFly If U C Kate Above The Noise コンポーザー
A.J. McLean Teenage Wildlife Have It All コンポーザー、プロデューサー、バックコーラス
Love Crazy
Cady Groves One In The Same The Life of a Pirate コンポーザー
2011年 福原美穂 STARLIGHT The Soul Extreme EP コンポーザー
Better Than Love The Soul Extreme EP II コンポーザー
Matthew Morrison Hey Matthew Morrison コンポーザー、バックコーラス
Don't Stop Dancing
2012年 Cady Groves Ugly This Little Girl コンポーザー
Kristina Maria Animal Tell The World コンポーザー、フィーチャリング
FML X2 コンポーザー
2015年 Victoria Duffield 2 Become 1 Accelerate コンポーザー

出演作品[編集]

(俳優として出演の作品にはJoshua Chasezとクレジットされることが多い。)

映画[編集]

タイトル 役名 備考
2000年 Longshot ピザ屋の店員
2008年 Killer Movie Ted Buckley
2009年 21 and a Wake-Up Dr.Tom Drury
2014年 レッド・スカイ Red Sky Alex 'Profile' Cruz 

(プロファイル)

日本語吹き替えは竜門睦月が担当している。

TV出演[編集]

(TVドラマは日本で放送されたことがある作品のみを記載)

タイトル 役名・役柄 備考
1991年-1995年 ミッキー・マウス・クラブ
2002年 恋するマンハッタン What I Like About You (本人役) シーズン1第2話 ゲスト出演
2006年 ゴースト 天国からのささやき Ghost Whispers サムソン(Samson) シーズン2第9話 ゲスト出演
2008年 ラスベガス Las Vegas ウィリアム(William) シーズン5第12話 ゲスト出演
2008年-2012年 America’s Best Dance Crew (審査員)

脚注[編集]

  1. ^ Justin Timberlake vs. JC Chasez: Why *N SYNC Only Spawned One Superstar (2014/03/14) -2016年5月17日閲覧
  2. ^ JC Chasez leaves Jive Records (2007/09/10) - 2016年5月17日閲覧
  3. ^ Girl Radical
  4. ^ Anger for ‘Jesus Christ Superstar’ Cast, and a Black Eye for Its Promoter (2014/05/31) - 2016年5月17日閲覧
  5. ^ Opening Night - 2016年5月17日閲覧
  6. ^ ‘NSYNC’s JC Chasez Cast In Topher Grace Movie Musical (2014/11/21) - 2016年5月17日閲覧
  7. ^ JUSTIN OPENS UP ABOUT BRITNEY, LANCE, JC AND THE MEDIA (2006/08/16) - 2016年5月17日閲覧
  8. ^ People Exclusive: JC Chasez to Perform at Lance Bass's Wedding (2014/12/19) - 2016年5月17日閲覧
  9. ^ JC Chasez Slams NFL After Being Cut From Pro Bowl Halftime - MTV (2004/02/05) - 2016年5月17日閲覧

外部リンク[編集]