ドラムライン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ドラムライン
Drumline
監督 チャールズ・ストーン三世英語版
脚本 ティナ・ゴードン・チズム
ショーン・シェップス
製作総指揮 ダラス・オースティン
出演者 ニック・キャノン
オーランド・ジョーンズ
ゾーイ・サルダナ
レナード・ロバーツ英語版
音楽 ダラス・オースティン
撮影 シェーン・ハールバット英語版
配給 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
公開 アメリカ合衆国の旗 2002年12月13日
日本の旗 2004年4月10日
上映時間 119分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $20 million
興行収入 $57.6 million[1]
テンプレートを表示

ドラムライン』 (Drumline) は、2002年アメリカ映画。 

ボーイズIIメンマドンナ等を手掛けたプロデューサーダラス・オースティン英語版の実体験をもとに『フォレスト・ガンプ/一期一会』のスタッフが映画化し、主人公の挫折と再生を描く。

あらすじ[編集]

主人公のデヴォンは、マーチング・ドラマーとしての才能を持つ。その才能を見出したA&T大学マーチング・バンド部のリー監督は、デヴォンを音楽特待生としてスカウトする。

入部し才能を発揮していくが、チームメンバーを圧倒していく中で、自身の力に自惚れていく。その後リーダーとの勝負に勝利したデヴォンはスターティングメンバーに選出。しかしその舞台で個人プレーをしてしまい、リー監督に激怒される。また楽譜が読めないことも発覚し退部処分となる。

ライバル校モーリス・ブラウン大学との対決が控える中デヴォンは選択を迫られていく。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

役名、俳優、日本語吹き替えの順に表記。

出典[編集]

外部リンク[編集]