IchigoJam

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
IchigoJam
価格 1500 円〜
種類 シングルボードコンピュータ
プロセッサー LPC1114FN28またはLPC1114FDH28
周波数 48MHz(12MHzで動作)
メモリ 4KB
消費電力 5V DC

IchigoJam(イチゴジャム)は低消費電力、低コストのシングルボードコンピュータ・開発プラットフォーム。株式会社jig.jpによって公開され、プログラミング クラブ ネットワークより発売されている。

概要[編集]

2014年4月1日に福野泰介(株式会社jig.jp会長、公開当時は代表取締役)が開発・公開。[1][2]当初はBASICが動作するファームウェアと回路図などが公開され、組み立てる前提となっていたが、2014年7月にプリント基板が公開され、[3]現在はこれが主流である。後にプリント基板などの販売・卸はプログラミング クラブ ネットワーク(通称PCN)で、ライセンス管理などをjig.jpで行うようになった。後にjig.jpの子会社B Inc.が設立され、実質的なIchigoJam関連事業はB Inc.が継承している。jig.jpおよびB inc.はライセンスなどの発行は行っているが、IchigoJamプリント基板の販売は行っていない。

通常はプログラミング クラブ ネットワークからの卸によって販売を行っているが、同様仕様または上位互換で独自に製作・販売されているIchigoJam互換機も存在する。またファームウェアは無償でダウンロードでき(ただし再販はライセンスが必要)必要なパーツや回路図が公開されているため、自作も可能。

多くのシングルボードコンピュータは開発をパソコンなどから別途行う必要があったが、IchigoJamは電源を入れるだけでBASICが起動し、すぐにプログラミングが可能な事が特徴。入出力ポートも備えているため、プログラムに限らず、電子工作の制御が容易に行える。

「こどもパソコン」として、子供向けのプログラミング教育向けに展開している。

モデル[編集]

IchigoJam[編集]

プログラミング クラブ ネットワーク によって発売されている IchigoJam は次が存在する。

IchigoJam
2014年7月公開。[3]初代プリント基板
IchigoJam U
2015年7月公開。U=Universal。ユニバーサル基板に合わせた大きさに変更された。水晶振動子を基板に追加し映像表示の安定化を実現。CN5端子が追加されている。
IchigoJam T
2016年7月より発売。品薄になってきていたLPC1114FN28に代わってLPC1114FDH28を採用するようになった。キーボードのコネクタをUSBに変更(信号はPS/2のまま)。
IchigoJam S
2018年7月より発売。IchigoJam Tの改良版で、壊れやすいスライドスイッチの強化、半田付けミス防止のためLPC1114FN28向け端子を削除など。
IchigoJam (ブレッドボード)
ブレッドボード版。半田付けの代わりにパーツをブレッドボードに構築する。

IchigoLatte 本体[編集]

ファームウェアはIchigoJam BASICに代わってIchigoLatteを採用。

IchigoLatte
2016年9月にβを販売後、2017年1月より正式販売開始。βはIchigoJam Tをベースにしている。

IchigoDake & IchigoIgai[編集]

2017年4月に限定発売後、2017年6月より量産販売された。IchigoDakeとIchigoIgaiに分かれていて、IchigoDakeは首にぶら下げるなどして別に持ち歩ける。IchigoDakeを交換してOSを変更できる。

IchigoDake BASIC
IchigoJam BASICが入っている。基板は IchigoJam プリント基板同等の緑。
IchigoDake JavaScript
IchigoLatteが入っている。基板は IchigoLatte プリント基板同様の黒。
IchigoDake IchigonQuest
IchigonQuestが入っている。基板は青。2018年4月より発売開始。
IchigoIgai
IchigoDakeの接続部、ビデオ出力、キーボード、電源、圧電サウンダ、EEPROM向けピンソケットを備える。基板は赤。
DakeJacket
IchigoJamの拡張ボードを重ねられるようにした、IchigoDake用ドックステーション。2018年4月発売開始。

IchigoJam 互換機[編集]

プログラミング クラブ ネットワーク以外で開発・販売されているIchigoJam互換機が存在する。

  • ai.Jam シリーズ
  • IchigoJam EX
  • SkyBerryJAM
  • IchigoSoda

その他、企業や個人による互換機などが存在する。

拡張基板[編集]

PanCake
マルチメディアボード。カラー表示、スプライト表示、多重演奏など
MixJuice
ネットワークボード。Wi-Fiによるインターネット接続
MapleSyrup
モーターの制御

アプリケーション[編集]

基板とは別にパソコン内でアプリケーションとしての使用も可能。

IchigoJam ap
WindowsおよびmacOSのアプリケーションとして
IchigoJam web by WebAssembly
Web ブラウザ上で動作

これ以外にIchigoJam PCも過去公開されていた。

IchigoJam BASIC RPi[編集]

Raspberry PiのOSとして公開されていて、Raspberry PiでIchigoJam BASIC が動作可能。

仕様[編集]

  • CPU - NXP LPC1114 [4] - ARM Cortex-M0搭載 32-bitマイコン 48MHz
  • メモリ - 4KB
  • プログラミング言語 - IchigoJam BASIC
  • グラフィックス
    • 32x24 テキスト(PCG対応) / NTSCビデオ出力
    • 16x6 テキスト(PCG対応) / AQM1248A液晶ディスプレイ
  • キーボード PS/2キーボード(ファームウェアでJP/US選択可能)
  • I/O
    ボタン、汎用入力x4 (アナログ入力x2) / LED x1、汎用出力x6(IO切替により入力最大x10、出力最大x10、アナログ最大x6)
    PWM x4(2ch)
    シリアル入出力(TXD/RXD) 最大115,200bps
  • 記憶媒体 - 内蔵Flashメモリ4つ / 外付けEEPROM対応
  • 拡張機能 - PanCake を接続することで、80x45 16色+4和音に対応[5][6]

プログラミング言語[編集]

IchigoJam では次のプログラミング言語を使用できる。ハード構造は全共通で、LPC1114にファームウェアを入れて使用可能。

IchigoJam BASIC[編集]

IchigoJamとその互換機で動作可能なBASICプログラミング言語とその総称。自作したIchigoJamにも入れることは可能だが、再配布する場合はライセンスが必要。 2017年8月現在の最新バージョンは1.2.3(正式版)。 保存媒体としてEEPROMを使用できる。本体にもプログラムを保存できる。またシリアル信号による通信が可能。 当初はMSXの影響を受けて開発されて、いくつか共通点が存在する。[1]しかし、LPC1114の制限により、独自仕様も増えている。 基本的にテキストと入出力の処理に特化している。周辺機器ボードの採用により機能を拡張できる。

IchigoLatte[編集]

JavaScriptベース。プログラミング クラブ ネットワークによって公開されている。

IchigonQuest[編集]

矢印キーとEnter・Escキーのみでプログラミング可能。

マイコンBASICマガジンの復活[編集]

電子工作マガジン2015年春号よりマイコンBASICマガジンのコーナーが含まれ、IchigoJam BASICが当初からのプログラム投稿対象になっている。[2]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 福野泰介 (2014年4月1日). “目指すはMSX! Raspberry Pi より安価な IchigoJam 発表!”. 2017年8月13日閲覧。
  2. ^ a b ITmedia (2015年3月18日). “「ベーマガ」復活!? 「電子工作マガジン」の1コーナーに”. 2017年8月13日閲覧。
  3. ^ a b 福野泰介 (2014年7月17日). “小学生OK! ハンダ付けして作るパソコン IchigoJam プリント基板β”. 2017年8月13日閲覧。
  4. ^ 2017年8月現在 LPC1114FN28 または LPC1114FDH28 を使用
  5. ^ jig.jp (2015年12月22日). “jig.jp、こどもパソコン『IchigoJam』ver1.1リリース”. 2017年8月15日閲覧。
  6. ^ jig.jp (2016年5月9日). “こどもIoTを実現する、こどもパソコン『IchigoJam』ver 1.2 リリース〜累計1万5千台突破、プログラミング学習から本格IoTデバイス開発まで!〜”. 2017年8月15日閲覧。

外部リンク[編集]