IKECHAN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

IKECHAN(イケチャン、1964年 - )は、日本ロック歌手作曲家編曲家。本名、池田 昭二

大阪府貝塚市阪和線沿線出身。個人事務所、池田大其音楽事務所所属。妻と2女1男の子供がいる。現在は大阪市在住。

来歴[編集]

  • 12歳のころからギターを弾き始め、同時に作詞作曲も始める。
  • 1995年には地元の大阪・泉州の「だんじり祭り」をテーマにした曲をインディーズCDで発売し、2万枚以上をセールスし、話題になる。
  • 1997年にはテイチクレコードから『ケヤキの神』『祭花』でメジャーデビューを果たし、だんじりファンの中ではカリスマ的存在となる。
  • 1998年には5000人ライブを行い成功を収める。
  • 1999年4月、テレビ愛知ジングルに出演し、名古屋での活動も始まる。名古屋弁コミックソング『愛知はDAGAYA』を発売、話題となる。同年、岐阜県の夏祭りに神野美伽らと共演も果たした。

デビュー当時から3人の子供がいた。地元泉州を中心に、ライブ活動を行っており、毎年浪切ホールでコンサートを行っていた。現在ではだんじりに欠かせない存在となっており、町会をはじめ、だんじりを愛している人々からは「ケヤキの神」がカラオケで十八番となっている。[1]元々宮川大助・花子弟子で、宮川大助の付き添いで唄っていた。 最近リリースしたCDは、自分の妻をネタにした、『俺の女房は大阪生まれ』がある。ライブでの定番となっている『ケヤキの神』は、最近、泉佐野市で結成された、『泉州ソーリャ踊り子隊』のダンスの曲にもなっている。また、ソーラン節にも参加しているらしい[要出典]

だが、2007年7月に『浪切ホール』でのライヴを最後に、岸和田での活動を終了することになった。2008年3月16日に、地元・貝塚で行われるアコースティックライブを皮切りに、新IKECHANBAND結成されることになった。2008年6月に発売される予定だったCDリリースする計画も中止になり、泉州地区でのコンサートをする事自体もなくなって終った。しかし、泉州地区での活動を終えた今、心斎橋のレストランバー・『ウィステリア』で定期的にライヴを行うようになった。なお、2008年6月29日に『ウィステリア』で行ったライヴでは、宮川大助・花子、松下さゆみ、元宝塚歌劇団万理沙ひとみと共演を果たした。

プロデューサーへの転換[編集]

作曲家としても活躍しており、宮川大助のデビュー曲の作詞・作曲は池田本人が手掛けた。なお、作曲家として活躍する時は池田大其で活動している。また、シンガーソングライターとして活躍している、2006年11月にデビューした池田夢見は次女である。2008年9月21日には万理沙ひとみの歌手デビューミニアルバム『私のラブソング』の収録曲を全曲作詞作曲し、本格的な音楽プロデューサーに転換した。

病気[編集]

現在ビュルガー病を患い、糖尿病痛風アルコール肝炎も患ったことをアルバム『42歳』で語っている。なお、池田夢見のデビューアルバムのパッケージには、池田本人の名前だけではなく、家族全員の名前が載せられている。

CD[編集]

  • ケヤキの神
  • KARAPPO
  • 俺の女房は大阪生まれ
  • 2005池田大其 俺
  • 愛知はDAGAYA

楽曲提供者[編集]

客演[編集]

舞台[編集]

[編集]

  • だんじりの歌手てなんやねん

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 産経WEST(2016年9月16日)2017年9月24日閲覧

外部リンク[編集]