Hello Neighbor

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Hello Neighbor
(ハローネイバー)
ジャンル ステルスホラーアクション[1]
対応機種 Microsoft Windows
Xbox One
Mac OS
Nintendo Switch
PlayStation 4
開発元 Dynamic Pixels
発売元 tinyBuild
販売元 tinyBuild
プロデューサー Alex Nichiporchik
デザイナー Nikita Kolesnikov
シリーズ Hello Neighbor
Dr.HelloNeighbor
HelloBendy
人数 オフライン一人称
発売日 2017年12月8日[2]
売上本数 50万本[3]
テンプレートを表示

Hello Neighbor』(ハローネイバー)は、Dynamic Pixelsによる一人称ステルスホラーアクションのビデオゲームである。製品版は2017年12月8日にSteamにてリリースされ[2]、2018年7月27日からはiPhone版がリリースされる[1]。同年7月29日に関連作品である『Hello Neighbor: Hide & Seek』が発表される[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「【配信開始】“隣人”が隠し続ける不気味な謎の真相とは……?ステルスホラーアクション『Hello Neighbor』」、『ファミ通App』 (Gzbrain)、2018年7月27日オリジナル2018年8月8日時点によるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20180808132331/https://app.famitsu.com/20180727_1329271/2018年8月8日閲覧 
  2. ^ a b 秋夏 「隣人ホラー『Hello Neighbor』遂に正式発売へ―怖すぎなお隣さんの「隠し事」とは…?」、『Game Spark』 (IID)、2017年11月30日オリジナル2018年8月8日時点によるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20180319070600/https://www.gamespark.jp/article/2017/11/30/77098.html2018年8月8日閲覧 
  3. ^ Minoru Umise 「お隣さん家に忍び込む『Hello Neighbor』売上が50万本を突破、そのうちSteam版の売上は“一番低かった”。明暗を分けたのは市場かレビューか」、『Automaton』 (アクティブゲーミングメディア)、2018年2月5日オリジナル2018年8月8日時点によるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20180808135815/https://jp.automaton.am/articles/newsjp/20180205-62281/2018年8月8日閲覧 
  4. ^ Taijiro Yamanaka 「お隣さんの家に忍び込むステルスホラー新作『Hello Neighbor: Hide & Seek』発表。あのおじさんの真相や秘密がついに暴かれるのか」、『Automaton』 (アクティブゲーミングメディア)、2018年7月30日オリジナル2018年8月8日時点によるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20180731033141/https://jp.automaton.am/articles/newsjp/20180730-73070/2018年8月8日閲覧 

外部リンク[編集]