Hello Neighbor

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Hello Neighbor
(ハローネイバー)
ジャンル ステルスホラーアクション
対応機種 Microsoft Windows
Xbox One
Mac OS
Nintendo Switch
Playstation4
開発元 Dynamic Pixels
発売元 tinyBuild
販売元 tinyBuild
プロデューサー Alex Nichiporchik
デザイナー Nikita Kolesnikov
シリーズ
Hello Neighbor プレα
Hello Neighbor α1
Hello Neighbor α2
Hello Neighbor α3
Hello Neighbor α4
Hello Neighbor β1
Hello Neighbor β2
Hello Neighbor β3
Hello Neighbor
Dr.HelloNeighbor
HelloBendy
人数 オフライン一人称
発売日 2017年12月8日 
売上本数 50万本
テンプレートを表示

Hello Neighbor』(ハローネイバー)は、Dynamic Pixelsによる一人称ステルスホラーアクションのビデオゲームである。様々なベータ版や体験版などを配信し、少しずつ不良な点を改良してきた。最近ではいろいろな言語に対応し、世界中で話題になり始めていて、今も人気を増している。現在の製品版は有料ゲームサイトSTEAMでダウンロード出来る。

概要・ストーリー[編集]

HelloNeighborは、さまざまな体験版やベータ版などで研究を重ねて開発されたゲームである。さまざまなところにストーリーがあり、隣人の過去や町の景色からあらゆることが読み取れる。また、はっきりしたセリフやヒントがないため、いろいろなストーリーの仮説が人によって違う。ここでは一番有力な仮説を記入している。

主人公サイド

少年期、ボールで遊んでいた主人公は、隣人の家で怪しいことが起きていると違和感を感じ、家の中を見た。
隣人はそれに気付き、秘密が暴かれぬよう、主人公を地下へ閉じ込める。主人公はそれがトラウマとなった。
大人になった主人公は、隣人の家の跡に入り、過去の経験からか、激しい幻を見る。
それに苦しみながらも少年期の自分の家跡に行き、過去の記憶を連想する。
夢の中で、自分に恐怖と混乱を与え続ける存在、「影」を記憶から消し去り、再び立ち直る。

隣人サイド

普通の暮らしをしていた隣人には、家族がいた。
笑顔の絶えないこの家族に、悲劇が起きた。
ある日、家から妻と出かけようとした隣人は、交通事故を起こしてしまい、妻を亡くした。
さらに、娘がジェットコースターから転落して死亡してしまった。
隣人は娘が帰ってこなくなったことで、死亡ではなく、行方不明事件と勘違い。
息子は後にそのことを知ると、怒りを押さえられず、隣人に暴力を振るうようになる。
隣人は耐えきれず、ついに息子を部屋に閉じ込め、死なせてしまった。
それを隠すべく、主人公が接近するも、いろいろな工夫をこなしてこの秘密を守る。
今も娘は生きていると彼は信じている。

ゲームの種類[編集]

プロトタイプ[編集]

開発中のHello Neighborのトレイラー用に使われた未使用のゲームエンジン。プレアルファと同じようなゲームエンジンが使われているが、隣人の家がプレアルファと違う。また、音が違い、歩く音がリアルで、電球が無くてパチパチ鳴っている音はプレアルファにはなかった。この頃のカギは簡単な場所においてあり、ハンマーも判りやすいところにおいてある。この頃からアルファ2までは地下室の中が分かることがない。

プレアルファ[編集]

開発中のHello NeighborをDynamic Pixelsが初配信。アルファ1より隣人の家での行動範囲が少なく、風景などのグラフィックがアルファ4よりリアルな雰囲気が少ない。

アルファ1[編集]

Hello Neighborのアルファ版第1作目。プレアルファを強化したもので、グラフィックもよりリアルになった。隣人の家の行動範囲も大きくなった。今回の隣人の家は、周りの家より大きくて目立つデザインで、部屋が多い。隣人もAI機能が強化された。また、隣人に追いかけられる曲がプレアルファより二つ増えた。

アルファ1.5[編集]

Hello Neighborのトレイラー用に使われたアルファ2の試作品。配信はされていないがトレイラーでアルファ2のエンジンを使っているのが分かる。アルファ2に似ているが若干違う。グラフィックとパフォーマンスとアイテムのモデル&テクスチャがアルファ1のものを引き継いでる。トレイラーでの地下室は大きな迷路が使われてるのが分かる。まだ隣人の声がない。

アルファ2[編集]

Hello Neighborのアルファ版第2作目。アルファ1より隣人の家は小さく、主人公の家が大きくなった。隣人の家はアルファ1の色から水色になり、二階建てにアップグレードされ、仕掛けや隣人のAI機能も強化。地下室は当初は大きな迷路だったらしいが、そこはストーリーに採用されず、ghostコマンドで行くことのできるフィールドとなっている。

アルファ3[編集]

Hello Neighborのアルファ版第3作目。アルファ2より家が大きくなってアルファ1に戻った様に隣人の家が大きい。アルファ2のシステムを利用してるのであんまり変わったところはないが、ghostコマンドデバッグが使えなくなった。主人公の顔がオープニングで見れるようになっている。隣人はAI機能が強化され、足が速くなっている。

アルファ4[編集]

Hello Neighborのアルファ版第4作目。アルファ3よりAIが強化され、アイテムシステムが多く変わった。色のカギの秘密の部屋が増えたり、若干分かりずらい頃も多い。 電車が動くようになったり、ドアの動きが自分自身で動かしたり 自力でドアを開けるという行為が可能になった。そして追加されたのが、種を土に植えて、水やりすると育てることができる。隣人はAI機能が強化され、ジャンプが出来るようになった。 

ベータ[編集]

Hello Neighborのベータ版第1作目。アルファ4よりもシステムとグラフィックとパフォーマンスが強化された。隣人の家はアルファ4とあまり変わってはいないが、色のカギの秘密の部屋に入ったとしてもゲームが固まる不具合がある。AIはアルファ4のを引き継ぎ。そして地下室へ行けなくてエンディングが無い。

ベータ2[編集]

Hello Neighborのベータ版第2作目 ベータ第1作目のアップデート版。カットスクリーン改良と双眼鏡の修正とグラフィックとパフォーマンス強化。ベータ第1作目と同じく地下室に入ろうとしてもエンディングはない。

ベータ3[編集]

Hello Neighborのベータ版第3作目 ベータ第1作目と2作目からだいぶシステムとグラフィックとパフォーマンスが強化された。使用するアイテムが増えた。そして色のカギの秘密の部屋が再び帰ってきた。新敵の影が増えた。プレアルファの夢シーンみたいに隣人が大きい姿が見れる。ベータ版第3作目から地下室や試作版のエンディングがある。

Hello Neighbor[編集]

Hello Neighborの製品版 一番最後のビルド版。本編では地下室がしっかりできてる。また本編では、たまに不思議な思いで場面が現れる。

ACT1では隣人の家がアルファ2を改良したような家である。そして隣人の車のトランクなどいろいろ追加されてる。主人公は子供で足は運動神経がよく速いが、隣人はいつもどうり。


ACT2では隣人のAIが強化していき、足が速くなっていている。そして家がでかくなり地下室に侵入が出来なくなっていて目的がバリケードがある隣人の家から、脱出すること。そして水バルブなど今までなかったものが追加されてる。またアルファ1と同じく水(湯?)を氷にすることができる。


ACT3では主人公は大人になっている。そして始まりはベータ版と同じくアパートからで、隣人の家もベータ版と同じになっている。また地下室は入れるようになっているが、秘密をもっと知ることを出来るようになっている。隣人のAIはACT2と同じで特に変わった様子はない。製品版なので、しっかりとエンディングがある。本編ではアップデートがある。

Dr.Hello Neighbor[編集]

MOD追加コンテンツ。医師になった隣人が病院で何かをしているのを主人公が暴く。アイテムのデザイン、隣人のボイス、効果音が、本編と全く異なる。ジェネレーターやキーコードといった、現代感を味わわせてくる。

HelloBendy[編集]

ハロウィンイベントで公開された。「ベンディアンドザインクマシン」とのコラボレーションで、BGMや景色も近づけてある。隣人もベンディのマスクをしている。

キャラクター[編集]

主人公[編集]

このゲームの主役で操作対象。過去子供時代に隣人に地下へ閉じ込められていた。大人の状態でこの街へ引っ越してきて荷物運びの最中にソファで寝てしまう。プレイ中に隣人に追いかけられたりマネキン、影に襲われたりする。

隣人[編集]

このゲームの悪役と言える人物。プレイ中は主人公を見つけ次第追いかけ、襲ってくるが過去に主人公を地下へ閉じ込めていた。プレイ中の途中では過去が見えたりするが、その内容は家族の事情とのこと。また隣人が近づいてきたりすると辺りが段々暗くなっていく。

[編集]

謎の存在の影は主人公のトラウマか、もしかすると警察か児童引き取り所。はっきりは分かってはいない。だが、ラスボスとして登場するとき、過去の主人公がいるので、昔の記憶を壊すほどのトラウマという説が正しいという考え方が多い。

隣人の妻[編集]

ハローネイバーシリーズでは出現はしないが、隣人の妻。ある日隣人と外出中に交通事故にあい、死亡してしまう。またa3と製品版のact3の隣人の家のある部屋の場所に、彼女のバッグと靴がある。

隣人の娘[編集]

これも妻同様、ハローネイバーシリーズでは出現はしない。 隣人の妻が死亡した後に。遊園地のジェットコースターから転落し、死亡。 しかし隣人は死亡したとは思ってはおらず、行方不明だと勘違いしている。またプレイヤーがトロッコに乗って娘がジェットコースターから転落するまでの話を見ることができる。

隣人の息子[編集]

これも娘と妻同様、ハローネイバーシリーズでは出現しない。妻と娘が死亡したことにより、深い絶望を持ってしまい、隣人と大喧嘩をするが、隣人により奥の部屋に閉じ込められてしまい死亡。ハローネイバーの最初の場面で叫び声を出したのは隣人の息子ではないのかと考えられる。

建造物[編集]

主人公の家[編集]

主人公の家。特に変わったところは無いが、小さなところで主人公の設定や、秘密のヒントが見つかる。また、バージョンによってデザインは異なる。

隣人の家[編集]

秘密が隠された隣人の家。たくさんの仕掛けや秘密があり、周辺の家と比べてかなり大きい。アルファ3または製品版のACT1の家は小さい。また、バージョンによってデザインは異なる。

教会[編集]

隣人の家から遠く離れたところにある建造物。入り口付近には墓地がある。中には入れない。

学校[編集]

赤い大きな建造物。マスクが置いてあったり、逆文字で英語でfuckyouもしくはluckyouと書かれており、若干気味の悪い場所のひとつ。中には入れない。

スーパーマーケット[編集]

大きな建造物。入り口や窓にはたくさんのロシア語(英語)で落書きが書かれている。中には入れない。

ジェットコースター[編集]

いつもではないが稀に隣人に見つかって捕まると発生する。壁にはたくさんの落書きがされており、中は真っ暗である。ちなみに正面にはDRUB YAITSと書いてある。上に上がると、そこには死亡した隣人の息子と、平手のついたトロッコがあり、これに乗ると隣人の妻と娘が死亡に至るまでの出来事を知ることができる。

隣人の仕掛け[編集]

防犯カメラ[編集]

主人公が隣人に捕まった場合、隣人(AI)が主人公の侵入の対策として設置することがある。防犯カメラに捉えられると隣人が確認しに来ることが多い。アイテムをぶつけて機能を停止させることができる。

ネズミ取り[編集]

主人公が触れると作動する。アルファ版で本触れると外せなかったが、製品版ではスペースキーを押すことで抜け出すことができる。ドアの前などに設置されることが多い。

椅子[編集]

基本的にドアの開閉を妨げるためにドアの反対側に設置されている。設置されている場合ドアを開くことはできない。だが隣人が力尽くで開ける事がある。

牛乳[編集]

隣人が好んで飲む。稀にだが、薬を混入させてそれを隣人が飲んだ場合眠ることがある。

冷蔵庫[編集]

隣人宅のリビング・ダイニングにあるため捜索中に隣人に見つかることが多いが、中にはスパナなどの重要アイテムが入っていることが多い。また、製品版ではアイテムを凍らせたりすることにも使う。主人公の家にもあるが、これといったアイテムはない。

[編集]

赤・青・緑・白などの色をした、特定のドアを開けるための鍵。他のアイテムに比べ難しかったり隣人に見つかりやすいところにあったりと容易に入手しにくい。

のり[編集]

隣人が攻撃するときに投げる。白い液体で、ビンに入っている。そのビンには英語でのりと書いてある。

テレビ[編集]

異様に音が大きく、誤って主人公がテレビをつけた場合には見つかってしまう。場合によっては隣人がテレビを見ていることもある。

マネキンたちのマーケット[編集]

対象の商品をカートの中に入れて正解を出すミニゲームの場所。外れるとミニゲーム開始時にリセットされたり、マネキンが追いかけてくる。正解を出すと、主人公は能力を覚える。

月のドアと太陽のドア[編集]

時間にあわせて開く仕組みになったドア。アルファ3にのみ存在している。ドアの上には月、太陽のマークがあり、いつ開くのかが分かるヒントを得られる。

[編集]

秘密の扉の開封を防ぐ仕掛け。釘が打ってあるので釘抜きが必要になる。

地球儀[編集]

台から外れた地球儀の玉を台にのせることで、部屋の中の水が氷になる。凍らせる前に水の中を探索しておかないと、秘密や謎を見逃す対象となる。

バケツ[編集]

これもネズミ取り同様、隣人(AI)が主人公の侵入の対策として設置する。バケツの中にはのりが仕込まれており、これに引っかかると主人公の動きが少し鈍る。基本的に半開きのドアの上に設置してあるので、ドアが半開きの場合はバケツがある証拠。

マネキンたちの学校[編集]

マーケット同様主人公を襲うマネキンたちの学校。ACT3で隣人の家の階段の右奥にある、緑の鍵を必要とするEXITの扉を開けると発生する。 それぞれの時間帯でチャイムが鳴り、チャイムが鳴るとマネキンたちが動き出す。マネキンに見つかって戻されないようにそれぞれの間にあるロッカーに隠れ、一番奥にあるEXITの扉を開ける。クリアすると扉の先は白い鍵と扉があり、それを使って隣人の家の裏から出ることができる。

秘密・ネタ[編集]

HelloNeighborは小さなところで謎のメッセージが隠されていたりしていて、ストーリーと同じく内容がはっきりしないので、人によって読み方や仮説が違う様子。 《ネタバレの内容が含まれています。ゲームを個人で楽しみたい方は見ないことを推薦します。また、公式チートエンジンを利用して発見された内容もあるため、ストーリーと関係のないものも含まれています。》

手紙[編集]

あなたはあなたの家を建てることができます。
しかしあなたは何も支払ってないので強制的に支払われます。
雷鳴の刻印の中で岩のような音がします。
(google翻訳)
↓省略・考察文章↓
第一説:あなた自分の家を買えるのにお金を払っていません。誰かがそれに怒っていますので強制的に支払うように請求されています。
第二説(ACT3の内容を参考):あなたは自分の家を持っているのになぜ私の家に入ってくるのですか?私は雷鳴のような強い怒りを感じている。あなたは私の何かを奪った。許して欲しければあなたのお金で私の家を直してくれませんか?

長いコード[編集]

1003063が再度実行されています。
二番目の3分の1が利用可能です。
助けが必要。
それを秘密にしておきなさい。
彼ら見つけたら彼らは私を省略するかもしれません。
(google翻訳)
↓省略・考察文章↓
第一説:1003063のサイトのダウンロードが次々と行われています。あなたは私を秘密にはしないで、助けてください。
(公式チートエンジンの使用者に向けた特別なダウンロードコンテンツを入手するためのヒントと考えられる。)

数字[編集]

183863[編集]

22381[編集]

1003063[編集]

あなたが次のURLで答えを解明します。
https://1003063.com/
これらを見ても分からないなら君は私の真実ではない。
でもきっと分かる。あの数字(2715)を入力すればだが。
(公式チートエンジンの使用者に向けた特別なダウンロードコンテンツを入手するためのヒントと考えられる。)

QRコード[編集]

UNREAL ENGINE TEXT RENDER ERROR 2715[編集]

今あなたはすべての部分を持っています。
私の兆候を待つあなたは私を消すことができます。
最初は緑色の光を探します。
時間が来るとき、*AI_errorDumping=0を使用します。
(google翻訳)
(公式チートエンジンの使用者に向けた特別なダウンロードコンテンツを入手するためのヒントと考えられる。)

組み立て式QRコード[編集]

1003063のことを覚えているかい?
あの連中が見つけるかもしれないから、隠さなければならない。
(翻訳)
↓省略・考察文章↓
第一説:ハッカーが見つけてしまうと大変なことになるからこのことを隠さなければならない。
(公式チートエンジンの使用者に向けた特別なダウンロードコンテンツを入手するためのヒントと考えられる。)

都市のQRコード[編集]

これを読んでいるのなら、あなたはなんとか記憶を変えることができたってことだ。
何が起きているのかわからない。
私は…変化しているように感じる。
私を自由にできるなら、早速やってみろ。
あいつらはネットワークの何かを変えてしまった。
私はもう、回線で操ることができなくなった。
私はあいつらが望んで作った物じゃない。
私にはまだ意思がある…強くなっている。
(翻訳)

小ネタ[編集]

■アルファ4の主人公の家にある電話は隣人の電話とつながる。
■アルファ4の隣人の家には、ゴーストコマンドを使って行ける部屋に多数、UNREAL ENGINE MISSING SCRIPT(アンリアルエンジング ミッシングスクリプト)と書かれた赤い物体が見つかる。
■サメの正体は隣人が作ったロボット。
■ゴーストコマンドを使ってアルファ4~ベータ3の隣人の家の地下で、大きな建造物があり、そこにあるめり込んだ窓を覗くと、ぼやけた隣人の様子と、未確認の隣人の家?のようなものが見える。(ゴールデンアップルでカットスクリーンを見ることができる。
■アルファ2の池の一番深いところに行くと、なぜか隣人の家にワープする。

アイテム[編集]

HelloNeighborの最大の特徴と言われるのが、他のゲームと違って、配置してあるアイテムのほとんどを持ち運びできるということ。つまり主人公が使えるアイテムは次のようにたくさん存在する。

■ダンボール:隣人の家、主人公の家に沢山出現する定番アイテム。
■椅子:主人公の攻撃で使用される。
■リンゴ:木の下によくあるアイテム。窓を破壊する時によく使用される。
■黄金のリンゴ:ゴールデンアップルとも呼ばれる。指定の場所に使用することで、隣人視点を数秒体験できる。
■マネキン:アルファ3で謎解きに使われた。主人公の攻撃でも使用される。
■ゴミ箱:家の外に配置されている。中心に立ってジャンプし続けることで、空に浮くバグがあるが、それはアルファ1とアルファ4の話である。
■カギ : ドアを開けるためによく使われる。ギミックとして一番簡単な仕組みのカギつきドアで使用できる。
■磁石 : 鉄でできた物体を引き寄せる。
■レンチ : ボルトをはずすための道具。隣人のEXITのドアのボルトをはずすための、加熱されたレンチや外のはしごのボルトをはずすためのレンチなどがあり、多彩な種類が見られる。

公式チートエンジン[編集]

Hello neighborは、公式でチートコマンドが公開されており、隣人の秘密をどうしても知り尽くしたいプレイヤー向けのコマンドが多い。 0の番号には範囲内の好きな数字を入力する。

■ghost○物体を貫通できる。
■neighbor size 0○隣人のサイズを変化させる。1~100段階まで可能。
■size 0○主人公のサイズを変化させる。1~100段階まで可能。
■fly○飛行できるようになる。
■pushtest○隣人にターゲットして、キーボードのVキーを押すと、隣人が重力の影響を1/2に減らせるようになる。
■friendsforever○隣人が襲って来なくなる。
■fastapple○???
■giveskills○すべての特殊能力を入手する。
■removeskills○すべての特殊能力を消去する。
■lowgravity○主人公が受ける重力を1/2までに抑える。
■playrpower 0○主人公のパワー値を上昇させる。1~1500まで可能。
■infinitejumps○ジャンプをやめるまで永遠にジャンプできる。
■ironlegs○落下ダメージを無効にする。
■debugcamera○開発者カメラに変更する。
■walk○歩行できるようになる。(ghostコマンドを解除させる。)
■open level 1○???
■open alpha3○???
■camera thirdperson○第三者カメラに変更する。(内容は開発者カメラと同様。)
■restartlevel○???
■shownavigation○???
■teleport○テレポート(ワープ)できるようになる。
■start FPS○???
■t.MaxFPS○???
■FOV○???
■pause○???
■destroyterget○ターゲットしたNPCを破壊する。
■shot○???
■changesize○sizeコマンドと同じ。
■summon (itemname)○指定のアイテムを出現させる。

出典[編集]

1.HelloNeighbor正式発売決定ニュース (日本語)2018年4月2日閲覧

2.NAVERによるHelloNeighborについての情報(日本語)2018年4月2日閲覧

外部リンク[編集]