HP200LX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
閉じた状態
開いた状態

HP200LXヒューレット・パッカードが開発したPC/XT互換機アーキテクチャパーソナルコンピュータである。1994年11月発売。現在は販売終了。

スペック[編集]

重さ312gのタバコ2箱分程度の大きさのパームトップ携帯のパソコンで、単3乾電池2本とボタン電池CR2032で連続20時間以上動作する。CPUは80c186(クロック周波数7.91MHz)を搭載。画面はCGAの白黒640x200/2階調または320x200/4階調で、IBM PC Convertibleと同様、画面の縦サイズが小さい為、縦方向に約1/2縮小された表示になる。バックライトは無い。赤外線ポートとPCMCIAカードスロット(JEIDA4.1/PCMCIA2.0)を1基、RS-232Cポートを1基(独自コネクタ)持つ。内蔵メインRAMは1~4Mバイト。内蔵ROMメモリにMS-DOSVersion5・PIMLotus 1-2-3など各種アプリケーションを搭載している。

MS-DOSの日本語化、通称「DOS/C」化することが可能。日本語化キットが同時発売され、それまでマニアの間で行なわれていた日本語化による利用の間口を広げた。メーカ保証外だが水晶振動子を交換することでCPUを倍速化することが可能。

開発[編集]

ハードウェアはヒューレット・パッカード、内蔵PIMソフトウェアはロータス・デベロップメントにより開発された。また外部ストレージとしてメモリーカードに、サンディスクとの共同開発によるPCMCIA規格のフラッシュメモリーが採用された。

概略史[編集]

シリーズ機種に

  • HP95LX - CPUは8088、クロック周波数5.4MHz、画面は240x128/2色。1991年5月発売。
  • HP100LX - 1993年5月発売。
  • HP1000CX - 内蔵PIM無し。
  • OmniGo100 - OSとしてGeosを搭載し手書き機能を持たせた物。
  • OmniGo 700LX - 120・NokiaのGSM携帯を200LXに合体させて使用できるようにした物。

がある。元来はパソコンと言うより電卓から発展した系列だが、100LXが日本語化されたことがパソコン通信で評判となった。1994年には「HP 100LX徹底活用ブック」(BNN社)が発売されるに至った。パソコン以外で「徹活本」が出た最初の例と推測される。

当時ThinkPad 220など一部の小型軽量な機種の登場によってモービルコンピューティングの可能性が示された。その中でも、HP100LXやHP200LXは重量300g前後かつ汎用電池で長時間駆動するという点で注目を集めた。

その後も1999年11月をもってメーカーよる受注終了が発表[1]された際には、ユーザーの間で生産中止反対運動まで起きた[2]。当時HP200LXと同じ特徴(小型軽量・汎用電池で動作可能)の製品はおおむねWindows CE対応で、MS-DOS対応のソフトが多く動作する当機種の代替にはならなかったことが理由の1つとしてあげられる。

脚注[編集]

  1. ^ 米HP、HP 200LXシリーズの生産を中止”. PC Watch (1999年7月7日). 2012年9月3日閲覧。
  2. ^ HP200LXユーザーが生産中止反対運動を開始”. PC Watch (1999年7月13日). 2012年9月3日閲覧。

関連項目[編集]