Morphy One

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Morphy Oneモルフィーワン)とは、合資会社モルフィー企画によりオープンハードウェアの名の下に開発が行われていた携帯情報端末 (PDA) である。しかし製品が日の目をみることなく総責任者が破産宣告、公募で集めた巨額の資金が泡と消える事件へと発展した。

概略[編集]

1999年HP200LXの生産中止がヒューレット・パッカードより発表された。これを契機として、佐川豊秋(ハンドルネーム:とよぞう)は、NIFTY-ServeのフォーラムFHPPCにて、HP200LX内での後継機となりうるDOSベースのPDAを自力で製作する構想を発表した。佐川はNIFTY-Serve上で出資者を募り、合資会社モルフィー企画を立ち上げた。[1]

2001年には量産用試作基板の実装が完了したと発表された[2]。しかし、2002年には開発の行き詰まりが明らかになった。[3]具体的には回路設計に問題があり、かろうじて評価ボード上でMS-DOSが起動したかどうかという時点で開発が停止した。

2003年5月20日、モルフィー企画は破産を宣告、計画は終焉を迎えた。事前に8000万円程度の代金を予約者などから集めていた[4]こともあり、債権者集会では予約者から「金返せ、詐欺だ!」等の罵声を浴びせかけられた。

脚注[編集]

  1. ^ ユーザー有志で200LXライクなPDAを設計・発売”. モバイルセントラル (1999年11月1日). 2014年5月4日閲覧。
  2. ^ ユーザーが作るモバイル端末「Morphy One」、量産用試作基板の実装が完了”. マイナビニュース (2001年5月7日). 2013年10月11日閲覧。
  3. ^ モルフィーワン計画が中止の危機? 渦中の開発者に聞く”. ASCII.jp (2002年6月28日). 2013年10月11日閲覧。
  4. ^ ただし、途中で返金した分が結構あったので、被害金額はこれより少ない

関連する人物[編集]

  • 尾崎孝良 - ハンドルネーム:OzaKit。企画・会社立ち上げをサポート。現在は弁護士

関連項目[編集]

外部リンク[編集]