HD 40979

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
HD 40979 A
星座 ぎょしゃ座
視等級 (V) 6.74[1]
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 06h 04m 29.9431s[2]
赤緯 (Dec, δ) +44° 15′ 37.595″[2]
視線速度 (Rv) 32.57 ± 0.09 km/s[2]
固有運動 (μ) 赤経: 95.073 ± 0.031 ミリ秒/[2]
赤緯: -152.692 ± 0.022 ミリ秒/年[2]
年周視差 (π) 29.46 ± 0.30ミリ秒[2]
(誤差1%)
距離 111 ± 1 光年[注 1]
(33.9 ± 0.3 パーセク[注 1]
絶対等級 (MV) 4.1[注 2]
物理的性質
半径 1.207 R[3]
質量 1.154 M[4]
表面重力 20 G[3][注 3]
自転速度 7.4 km/s[4]
スペクトル分類 F8 V[4]
光度 1.8 L[3]
表面温度 6,089 K[4]
色指数 (B-V) 0.57[1]
金属量[Fe/H] 0.15[4]
年齢 2.7 ×109[3]
地球から見た位置 (HD 40979 Aとの関係)
位置角 289.3[5]
角距離 192.5 AU[5]
別名称
別名称
GC 7670, GSC 02937-01747, 2MASS J06042993+4415379, PPM 48712, TYC 2937-1747-1, SAO 40830, USNO-B1.0 1342-00162020, BD+44 1353, HIP 28767
Template (ノート 解説) ■Project
HD 40979 B / C
視等級 (V) 9.1
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 06h 04m 13.0194s[6]
赤緯 (Dec, δ) +44° 16′ 41.093″[6]
固有運動 (μ) 赤経: 94.925 ± 1.059 ミリ秒/[6]
赤緯: -153.919 ± 1.173 ミリ秒/年[6]
年周視差 (π) 29.49 ± 0.23 ミリ秒[6]
距離 111 光年
(33.9 パーセク
絶対等級 (MV) 6.4
物理的性質
質量 0.833 / 0.380 M[5]
スペクトル分類 K3 / M3[5]
地球から見た位置 (HD 40979 Aとの関係)
位置角 289.3[5]
角距離 192.5 AU[5]
地球から見た位置 (HD 40979 Bとの関係)
位置角 38[5]
角距離 3.9 AU[5]
別名称
別名称
BD+44 1351, GSC 02937-01755, 2MASS J06041301+4416413, PPM 48706, TYC 2937-1755-1, SAO 40826, USNO-B1.0 1342-00161884
Template (ノート 解説) ■Project

HD 40979は、ぎょしゃ座の方角に約111光年の距離にある連星系である。

星系[編集]

主星のHD 40979Aは、F型主系列星である。伴星のHD 40979Bは、BD+44 1351として知られた恒星で、HD 40979Aとは192も離れているが、固有運動が同じなので連星であることがわかっており、主星からの実距離はおよそ6400AUである[5]。HD 40979Bもまた、およそ129AU離れた伴星HD 40979Cとの連星になっている[5]。HD 40979星系は、HD 40979BとHD 40979Cの連星が、HD 40979Aの周りを公転する三重連星系を形成している。

惑星系[編集]

2002年リック天文台及びW・M・ケック天文台での視線速度法による観測から、主星HD 40979Aの周囲を公転する太陽系外惑星発見された[7]

HD 40979Aの惑星[4]
名称
(恒星に近い順)
質量 軌道長半径
天文単位
公転周期
()
軌道離心率 軌道傾斜角 半径
b > 4.01 ± 0.13 MJ 0.846 ± 0.007 264.15 ± 0.23 0.252 ± 0.014

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算、光年は1÷年周視差(秒)×3.2615638より計算
  2. ^ 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。小数第1位まで表記
  3. ^ 出典では

出典[編集]

  1. ^ a b Butler, R. P.; et al. (2006年7月). “Catalog of Nearby Exoplanets”. Astrophysical Journal 646 (1): 505-522. Bibcode 2006ApJ...646..505B. doi:10.1086/504701. 
  2. ^ a b c d e f HD 40979 -- High proper-motion Star”. SIMBAD. CDS. 2017年12月2日閲覧。
  3. ^ a b c d Valenti, Jeff A.; Fischer, Debra A. (2005-07), “Spectroscopic Properties of Cool Stars (SPOCS). I. 1040 F, G, and K Dwarfs from Keck, Lick, and AAT Planet Search Programs”, Astrophysical Journal Supplement Series 159 (1): 141-166, Bibcode 2005ApJS..159..141V, doi:10.1086/430500 
  4. ^ a b c d e f Wittenmyer, Robert A.; et al. (2009-05), “A Search for Multi-Planet Systems Using the Hobby-Eberly Telescope”, Astrophysical Journal Supplement 182 (1): 97-119, Bibcode 2009ApJS..182...97W, doi:10.1088/0067-0049/182/1/97 
  5. ^ a b c d e f g h i j Mugrauer, M.; Neuhauser, R.; Mazeh, T. (2007年7月). “The multiplicity of exoplanet host stars. Spectroscopic confirmation of the companions GJ 3021 B and HD 27442 B, one new planet host triple-star system, and global statistics”. Astronomy & Astrophysics 469 (2): 755-770. Bibcode 2007A&A...469..755M. doi:10.1051/0004-6361:20065883. 
  6. ^ a b c d e BD+44 1351 -- Double or multiple star”. SIMBAD. CDS. 2017年12月2日閲覧。
  7. ^ Fischer, Debra A.; et al. (2003年4月). “A Planetary Companion to HD 40979 and Additional Planets Orbiting HD 12661 and HD 38529”. Astrophysical Journal 586 (2): 1394-1408. Bibcode 2003ApJ...586.1394F. doi:10.1086/367889. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 星図 06h 04m 29.9431s, +44° 15′ 37.595″