GWファーマシューティカルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
GW Pharmaceuticals PLC
公開有限会社
ティッカー NASDAQ: GWPH
LSEGWP
業種 製薬
設立 1998
創業者 Geoffrey Guy, Brian Whittle
本社 ケンブリッジ、
イギリス[1]
主要人物
Justin Gover (CEO)[2]
製品 Sativex
売上高 28.54百万ポンド (2015)[3]
部門 バイオテクノロジー
ウェブサイト www.gwpharm.com

GWファーマシューティカルズ (GW Pharmaceuticals) は、イギリスのバイオ医薬品企業で、多発性硬化症の治療薬ナビキシモルス(商品名サティベックス)で知られる。サティベックスは、天然の大麻に由来する製品としては世界で初めて承認されたものである[4]。別の大麻由来の製品、エピディオレックスはてんかんの治療薬として2015年に第III相臨床試験が開始され、アメリカで2018年に承認された[5][6]。2019年には欧州でも承認[7]

歴史[編集]

医師のジェフリー・ガイとブライアン・ウィットルが、1998年にGWファーマシューティカルを創設した。その年、イギリス内務省医薬品・医療製品規制庁 (MHRA) から、GWファーマシューティカルが医療大麻の科学的研究を実施するために種やクローンからアサを栽培できる許可を得た[8][9]

ケーラーの薬用植物の本に描かれたアサ(1897年)

製品[編集]

サティベックス[編集]

ナビキシモルス(商品名サティベックス)は、大麻の抽出物の生薬で、口腔投与にて用いられる。2010年にイギリスで承認され、多発性硬化症の患者が、神経因性疼痛痙縮、過活動膀胱などの症状を緩和するための治療薬である[10]。2016年末には30か国で使われている[11][国数の編集]

2011年にはバイエルと提携し[12]、2012年より年間100万トンの医療大麻を生産するとしている。

エピディオレックス[編集]

2015年には、GWファーマシューティカルは、子供の希少疾患であるドラベ症候群レノックス・ガストー症候群の治療のための、大麻由来成分カンナビジオールの製品の治験第III相試験を開始した[13]。結果は2017年に論文となっており[14]、臨床試験の結果を受けて2018年に承認される予定とされていた[11]。2018年6月エピディオレックスはアメリカで医薬品として承認された[15]。続いて、欧州では2019年9月にドラベ症候群とレノックス・ガストー症候群に対して医薬品として承認された[7]

日本では2019年に臨床試験という位置づけでの使用が許可され[16]、同年4月には聖マリアンナ医科大学が治験の申請準備を開始した[17]

脚注[編集]

  1. ^ GW Pharmaceuticals Ltd” (2017年8月17日). 2017年9月7日閲覧。
  2. ^ Julia Kollewe (2011年4月17日). “The man who secretly (and legally) grows 20 tonnes of cannabis a year”. The Guardian. https://www.theguardian.com/business/2011/apr/17/gw-pharmaceuticals-justin-gover-cannabis-sativex-multiple-sclerosis?INTCMP=SRCH 2021年1月17日閲覧。 
  3. ^ Prices and markets Stocks of GW PHARM”. Londonstockexchange.com. 2016年5月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。
  4. ^ Elizabeth Landau (2010年6月21日). “World's first fully approved cannabis drug on sale in UK”. Thechart.blogs.cnn.com. 2017年9月7日閲覧。
  5. ^ Ward, Andrew (2014年1月9日). “GW raises nearly $90m to develop childhood epilepsy treatment”. Financial Times. http://www.ft.com/cms/s/0/5b7d988a-795a-11e3-b381-00144feabdc0.html#axzz2qxJb6R1v 2014年1月20日閲覧。 
  6. ^ plc, GW Pharmaceuticals. “GW Pharmaceuticals Initiates Second Phase 3 Pivotal Study of Epidiolex(R) (CBD) in Lennox-Gastaut Syndrome”. 2015年9月20日閲覧。
  7. ^ a b Ellen Milligan (2019年9月24日). “EU、大麻由来の医薬品を初めて承認-英GWファーマのてんかん薬”. Bloomberg. 2021年1月17日閲覧。
  8. ^ Pete Brady (2003年4月25日). “GW Pharm responds to CC”. Cannabisculture.com. 2013年11月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月7日閲覧。
  9. ^ Cannabis in Medical Practice: A Legal, Historical, and Pharmacological Overview of the Therapeutic Use of Marijuana (Google eBook). https://books.google.com/books/about/Cannabis_in_Medical_Practice.html?id=1AWGDhIOvk0C&redir_esc=y 
  10. ^ UK Medicines Online Nabiximols Page accessed 3 February 2016
  11. ^ a b Debra Borchardt (2016年12月9日). “英製薬会社、臨床試験結果に自信も「トランプ大統領」に不安”. フォーブス日本版. https://forbesjapan.com/articles/detail/14490 2017年9月1日閲覧。 
  12. ^ GWPharma – GW and Bayer Announce Marketing Agreement on Pioneering New Cannabis-based Treatment”. Gwpharm.com (2003年5月21日). 2016年10月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。[出典無効]
  13. ^ Butticè, Claudio (2015年12月9日). “Therapeutic Cannabis for children – a possible new treatment for epilepsy”. Meds News. 2016年2月3日閲覧。
  14. ^ Devinsky, Orrin; Cross, J. Helen; Laux, Linda; et al. (2017). “Trial of Cannabidiol for Drug-Resistant Seizures in the Dravet Syndrome”. New England Journal of Medicine 376 (21): 2011–2020. doi:10.1056/NEJMoa1611618. PMID 28813226. http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa1611618. 
  15. ^ Amy Maxmen. “大麻由来の抗てんかん薬が米国で承認”. Nature ダイジェスト. doi:10.1038/ndigest.2018.181015. 2021年1月17日閲覧。
  16. ^ “大麻成分のてんかん新薬、国内臨床試験へ 米は既に承認”. 朝日新聞. (2019年3月19日). https://www.asahi.com/articles/ASM3M5DRHM3MULBJ00H.html 2021年1月17日閲覧。 
  17. ^ 水戸部六美 (2019年4月11日). “大麻成分含むてんかん薬、治験申請へ 聖マリアンナ医大”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASM4C4G46M4CUBQU009.html 2021年1月17日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]