Flowery

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Flower (ゲーム)から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
Flowery
ジャンル ポエティックアドベンチャー
対応機種 PlayStation 3
PlayStation 4
PlayStation Vita
iOS
Microsoft Windows (SteamGOG.com、Epic Gamesストア配信)
開発元 thatgamecompany
発売元 ソニー・コンピュータエンタテインメント(PS3、PS4、PS Vita)
Annapurna Interactive(英語版)(iOS、PC)
ディレクター 陳星漢
人数 1人
発売日 世界の旗2009年2月12日(PS3)
日本の旗2014年2月22日(PS4、PS Vita)
世界の旗2017年9月28日(iOS)
世界の旗2019年2月14日(PC)
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
デバイス モーションセンサー、他
その他 PlayStation Store(ダウンロード専売)
App Store(iOS)
Steam、GOG.com、Epic Gamesストア(PC)
テンプレートを表示

Flowery』(フラアリー)は、アメリカのゲームソフト制作会社である thatgamecompany(英語版) が制作し、ソニー・コンピュータエンタテインメントが発売したコンピュータゲームPlayStation 3PlayStation 4PlayStation Vita用がある。のちに、iOSMicrosoft Windowsに移植された。

概要[編集]

2009年2月12日に、PlayStation StoreにおいてPlayStation 3用ダウンロード専売ソフトとして発売された。原題は『Flower』(フラワー)であるが、Playstation Storeでは商標の関係でタイトルが変更されている。Playstation Store以外での販売タイトルは、原題である『Flower』のままである。

発売直後から独特の世界観や操作感がゲームレビューのブログや口コミで話題となり、徐々に評判が広がっていった。海外のゲームレビューサイトでは高評価を受け、GDC2009において、ベストダウンロードゲームに選出されている。2013年にPlayStation 4版とPS Vita版も発売されている[1]2017年9月28日にApp Storeへの配信が行われた。2019年2月14日にPC版の配信がSteamGOG.com、Epic Gamesストアより行われた。

対戦型の他の多くのゲームと違い時間制限もノルマもなく、心を癒すゲームというユニークな点が評価され、Spike Video Game Awardsで"best independent game of 2009"、Academy of Interactive Arts and Sciencesの"Casual Game of the Year"などの賞を受賞している。2013年にはスミソニアン博物館が永久所蔵品に決定した[2]

ゲームの内容[編集]

プレイヤーは1枚の花弁となり、ステージを飛び回りながら各所に点在する花のつぼみに触れることによって花を咲かせていき、一定の条件を満たすとステージクリアとなる。制限時間やスコアは設けられておらず、ステージのエリア指定はあるがその中でならどこでも自由に飛び回ることができる。トロフィーに対応。

操作[編集]

操作は、モーションセンサーを用いる。コントローラを任意の方向に傾けることで進行方向を決め、セレクト/スタートボタンを除く任意のボタンを押すことにより風を吹かせ、速度を上げることができる。 なお、欧米版『Flower』はPlayStation Moveに対応しているが、日本版は現在のところ未対応である。
PC版ではキーボードやマウス、モーションセンサーを搭載しない通常のコントローラなどによって操作することができる(デュアルショック4を接続した場合、適切な設定を行えばモーションセンサーを用いた操作も可能)。

脚注[編集]

  1. ^ 日本では2014年2月22日発売。
  2. ^ “スミソニアン美術館、ゲーム2作品を永久所蔵品に”. MSN産経ニュース. WIRED (産経新聞). (2013年12月27日). http://sankei.jp.msn.com/wired/news/131227/wir13122718380000-n1.htm 2014年2月27日閲覧。 

外部リンク[編集]

SCE公式ホームページ