ファイバーチャネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Fibre Channelから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
ファイバーチャネルの一例。水色のケーブルがファイバーケーブル

ファイバーチャネル: Fibre Channel[1]、略称:FC)はギガビット級ネットワーク技術の一種であり、主にストレージエリアネットワーク (SAN) の構成要素としてデータセンターで使用されている。情報技術規格国際委員会(INCITS, 米国国家規格協会:ANSIが信任した委員会)のT11技術委員会が標準化した[2]。接続には主に光ファイバーを使用し、長区間(最大100 km)かつ高速(最大32 Gb/s)な伝送を実現する。種々の上位プロトコルがサポートされているが、主にSCSIコマンドがネットワーク上でやり取りされる。メインフレームではFICONが利用される場合もある。

歴史[編集]

ファイバーチャネルはIPI (Intelligent Peripheral Interface)プロトコルの拡張プロジェクトの一部として検討が始まり、1988年にANSI X3T9によりプロジェクトとして承認、1994年には規格が承認された[3]。スループットは下記の通り1 Gb/s (1GFC)から始まり世代毎に2倍になってきた[4]

ロードマップ - FC
名称 Line Rate (GBaud) スループット (MByte/sec) 発売日
1GFC 1.0625 200 1997
2GFC 2.125 400 2001
4GFC 4.25 800 2005
8GFC 8.5 1,600 2008
16GFC 14.025 3,200 2011
32GFC 28.05 6,400 2016
128GFC 28.05 x4 25,600 2016
64GFC 56.1 12,800 2019(予定)
256GFC 56.1 x4 51,200 2019(予定)
ロードマップ - スイッチ間接続
名称 Line Rate (GBaud) スループット (MByte/sec) 発売日
10GFC 10.52 2,400 2009
20GFC 21.04 4,800 2008
128GFCp 28.05 x4 25,600 2016
256GFCp 56.10 x4 51,200 2019 (予定)

接続形態[編集]

ファイバーチャネルの接続形態

3つの主要なトポロジー(接続形態)がある[5]

ポイント・ツー・ポイント (FC-P2P)
ふたつの機器が相互に接続される。最も単純なトポロジー。
調停ループ (FC-AL)
全ての機器がループ状に接続される。高価なスイッチなしで複数の機器を接続できるが、帯域を共有するためパフォーマンス(バンド幅)に制限がある。またループから機器を取り外したり接続する場合、ループ全体が使えなくなる。機器のひとつが故障するとループ全体の通信ができなくなる。
ファブリック (FC-SW)
全ての機器をファイバーチャネル・スイッチに接続する。拡張性やパフォーマンスに優れる。
接続形態の比較[6]
項目 P2P 調停ループ ファブリック
最大ポート数 2 127 ~16777216 (2^24)
最大バンド幅 2×リンクレート 2×リンクレート (ポート数)×リンクレート
ポート障害の影響 リンク障害 ループ障害 スイッチおよびポートリンク障害
メンテナンスの影響 リンクダウン ループ全体ダウンの可能性あり スイッチおよびポートリンクダウン
可能なリンクレート 全て 全て(ただし全体が同じレート) 全て(レートの混在可)

プロトコル[編集]

ファイバーチャネルのプロトコル階層

ファイバーチャネルは階層化されたプロトコルを持つ。以下の5層から構成される[7] [8]

FC0
物理層。ケーブル、光ファイバー、コネクタやスループットなどを規定。
FC1
データ符号化・復号の方法を規定。8b/10b及び64b/66b符号化方式を採用[9]
FC2
データの最小単位であるフレームの組み立て方やデータ転送の制御方法を規定。
FC3
共通サービス層。暗号化やRAIDなどの拡張機能を規定。
FC4
プロトコル変換層。FC0-FC3を下記のような上位プロトコルにマッピングするルールを規定[10]。特にSCSIに変換されたものをファイバー・チャネル・プロトコル(FCP)と呼ぶ[11]
・Small Computer System Interface (SCSI)
・Intelligent Peripheral Interface (IPI)
・High Performance Parallel Interface (HIPPI) Framing Protocol
・Internet Protocol (IP)
・ATM Adaptation Layer for computer data (AAL5)
・Link Encapsulation (FC-LE)
・Single Byte Command Code Set Mapping (SBCCS)
・IEEE 802.2
FICON - メインフレーム向け

FC0、FC1、FC2は総称してFC-PH(ファイバーチャネル物理層)とも呼ばれる。

光伝送媒体[編集]

SFPとLCコネクター。128GFCではQSFP28モジュールとMPOコネクターも利用される

ポートのフォームファクターはSFP (Small Form-factor Pluggable transceiver)及びそれを拡張したSFP+が主流である[12]。128GFCではQSFP (Quad Small Form-factor Pluggable)が用いられる事もある(右図)。SFPモジュールはレシーバー・ポート(RX)とトランスミッター・ポート(TX)があり、これらで一つの光インターフェースを構成している。SFP/SFP+にはShort Wavelength Laser(SWL)、Long Wavelength Laser (LWL)及びExtended distanceがあり、最大の伝送距離はそれぞれ550 m、10 km、70-100 kmまでとなっているが[13]、下記の通りケーブルのカテゴリとスループットの組み合わせにもよって異なるので注意する。

ファイバーケーブルの比較[14]
カテゴリ モード コア直径 (um) 波長 (nm) バンド幅 (MHz)
OM1 マルチモード 62.5 850/1300 200 オレンジ
OM2 マルチモード 50 850/1300 500 オレンジ
OM3 マルチモード 50 850/1300 2000 水色
OM4 マルチモード 50 850/1300 4700 水色
OM5 ワイドバンド・マルチモード 50 850 - 953 4700 -2470 黄緑
OS1 シングルモード 9 1310/1550 NA 黄色


最大伝送距離 (m)
OM1 OM2 OM3 OM4
1 GFC 300 500 860 NA
2 GFC 150 300 500 NA
4 GFC 70 150 380 400
8 GFC 21 50 150 190
10 GFC 33 82 Up to 300 Up to 400
16 GFC 15 35 100 125
25 GFC NA 20 70 100
32 GFC NA 20 70 100

スイッチ[編集]

ファイバーチャネルスイッチは2つに分類される。この分類は標準ではなくメーカーに依るものである。ブロケード(含むMcDATA、CNT)、シスコシステムズは両方を販売している。QLogicはファブリックスイッチを販売している。

ダイレクタースイッチ
一般にポート数が多く、コントローラーが二重化されていたり一箇所が故障しても動作し続ける (no single-point-of-failure) 高可用性が特徴。
ファブリックスイッチ
一般にシンプルで冗長でないスイッチ

ホストバスアダプタ[編集]

ファイバーチャネルアダプタ (デュアルポート)

ホストバスアダプタ(HBA = コンピュータ用コントローラカード)は様々なシステム、バスに用意されている。PCI Expressが主要なバスであり、ホストやコンピューターのPCI Expressに当該ボードを刺すことでファイバーネットワークへの参加が可能となる[15]

RFC[編集]

  • RFC 4369 - Internet Fibre Channel Protocol (iFCP) のための管理オブジェクト定義
  • RFC 4044 - ファイバーチャネル管理MIB
  • RFC 3723 - Securing Block Storage Protocols over IP
  • RFC 2837 - ファイバーチャネル標準におけるファブリック要素のための管理オブジェクト定義
  • RFC 4338 - ファイバーチャネル上のIPv4、IPv6およびARP
  • RFC 4625 ファイバーチャネル・ルーティング情報MIB
  • RFC 4626 ファイバーチャネルのFSPF (Fabric Shortest Path First) ルーティングプロトコルのためのMIB

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ファイバーはアメリカ英語で「Fiber」とつづることが多いが、ファイバーチャネルではイギリス英語の「Fibre」とつづる。詳細:ファイバチャネルFAQ
  2. ^ T11 - Fibre Channel Interfaces、2017年12月16日閲覧。
  3. ^ An Introduction to Fibre Channel、2017年12月16日閲覧。
  4. ^ ロードマップ、2017年12月16日閲覧。
  5. ^ 接続形態、2017年12月16日閲覧。
  6. ^ トポロジーの比較
  7. ^ プロトコル階層、2017年12月16日閲覧。
  8. ^ プロトコル階層 英語、2017年12月16日閲覧。
  9. ^ 符号化方式、2017年12月16日閲覧。
  10. ^ プロトコルのマッピング
  11. ^ ファイバーチャネルプロトコル
  12. ^ ポート・コネクタ
  13. ^ SFPモジュール
  14. ^ ファイバーケーブルの比較
  15. ^ ファイバーチャネルアダプター QLogic

外部リンク[編集]