Excite

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Excite(エキサイト)は、アメリカを中心に世界各国でサービスを展開する検索エンジンポータルサイト。2012年現在の運営企業はIAC Search & Media(旧・Ask Jeeves)。

歴史[編集]

1994年Joe Krausら6人のスタンフォード大学出身の学生らによってExciteの前身であるアーキテクスト・ソフトウェアが設立された。 ここで自動ハイパーテキスト・リンキング、サブジェクト・グルーピング、自動アブストラクティングなどの機能を備えた検索抽出ツール(エキサイトサーチ)が開発されエキサイトサービスとしてサービスを開始した。

後に、MSNやネットスケープに対抗する為、社名をExciteに変更した。

一時はYahoo!InfoseekLycosなどと並び大手検索エンジンの一角を占め、特に創業間もないYahoo!の強力なライバルであった。

創業直後のGoogleとの提携話があったが、Excite側はその後検索エンジン業界のトップにまで成長するGoogleの価値を見抜けず、提携は成立しなかった。このことがExciteの運命の岐路となったとも言われる。

1999年には、CATVインターネット接続大手の@Homeの傘下に入り[1]、サービス名称を「Excite@Home」と変更する(翌2000年に合併)。しかし2001年には@Homeが経営破綻したため[2]、Exciteブランドの検索エンジン・ポータルサイトはiWon.com(後にExcite Networkと社名を変更)に売却され、運営は細々と継続された。

またそれに伴い、2002年には日本を含むアジア圏での「Excite」ブランドの使用権を伊藤忠商事に売却した[3]ほか、日本の現地法人であるエキサイト株式会社についても、@Homeの保有する全株式を伊藤忠商事に売却し、日本市場から事実上撤退した。

2004年には、当時のAsk JeevesがExcite Networkを買収し、現在はAsk.comなど同社が運営する検索エンジンと並行して運用されている。

脚注[編集]

  1. ^ @Homeが検索サイト「Excite」を買収”. INTERNET Watch (1999年1月19日). 2012年9月6日閲覧。
  2. ^ 米Excite@Homeが倒産、ブロードバンド事業を米AT&Tに売却”. INTERNET Watch (2001年9月30日). 2012年9月6日閲覧。
  3. ^ 伊藤忠商事、エキサイトを買収へ”. INTERNET Watch (2002年2月4日). 2012年9月6日閲覧。

外部リンク[編集]