ESCAPE (増崎孝司のアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ESCAPE
増崎孝司スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル フュージョン
レーベル BMGルームズ
プロデュース 長戸大幸
増崎孝司 アルバム 年表
SPEAKS
(1990年)
ESCAPE
(1991年)
In and out
(2011年)
テンプレートを表示

ESCAPE』(エスケープ)は、増崎孝司の2枚目のアルバム。

解説[編集]

  • 前作『SPEAKS』に続くソロ・アルバム第2作。後にDIMENSIONの同僚となる小野塚晃がキーボードで全曲参加している。「Do You Wanna Dance?」のみ原一博による作曲。

批評[編集]

『CDジャーナル』は「打ち込みとバンド・サウンド、タイトさとメロディアスさをうまく両立させた表現をきかせようとしている」と評した[1]

曲目[編集]

  1. Talk to Myself
  2. No More Reason
  3. It's Good to You
  4. Inside Of You
  5. ESCAPE
  6. Shake Down
  7. Do You Wanna Dance?
  8. Cloudy/Give me your mind
  9. Ashi-Ato
  10. Just to Say Good-bye

レコーディング・ミュージシャン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 増崎孝司/ESCAPE CDジャーナル