deja-vu (写真)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

deja-vu』(デジャ=ヴュ)は、フォト・プラネット社が刊行、河出書房新社が発売していた、写真に関する季刊雑誌。1990年[1]写真評論家飯沢耕太郎が創刊した[2]

deja-vuでの特集[編集]

No.1 「『デジャ=ヴュ』の眼」[編集]

No.2 「モードの劇場」[編集]

No.3 「旅の視線」[編集]

No.4 「荒木経惟[編集]

No.5 「南へ」[編集]

No.6 「ドキュメンタリーの現在」[編集]

No.7 「沈黙の風景」[編集]

No.8 「牛腸茂雄[編集]

No.9 「私生活」[編集]

No.10 「少女=コレクション」[編集]

No.11 「猪瀬光[編集]

No.12 「安井仲治と1930年代」[編集]

No.13 「ラリー・クラーク[編集]

No.14 「「プロヴォーク」の時代」[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 飯沢耕太郎 写真界をリードし続ける写真家 「森山大道」(1) 2008年
  2. ^ 松本 知己(T&M Projects) 日本の写真文化を語ろう① 写真評論家・飯沢耕太郎 2017年

外部リンク[編集]