Category:数理論理学

ナビゲーションに移動 検索に移動

数理論理学に関するカテゴリ。

数学的論理学は一般的な用法でいくつかの意味を持つ。当初は記号論形式論理を指していたが、やがて数学や哲学の論理的基礎研究と関連付けられるようになった。数学論理学者による現在の用法では、この用語は純粋数学のいくつかの分野を指し、その研究は形式的な公理系と形式的な定義可能性に細心の注意を払っている。
数理論理学は、次の4つの部分に分かれている。
これらの領域の間の区分は、数学的論理学と残りの数学の間の区分と同様に、完全に明確ではなく、多くの研究領域と方法が重複し、互いに補強し合っている。(英語版カテゴリより)

下位カテゴリ

このカテゴリには下位カテゴリ 24 件が含まれており、そのうち以下の24 件を表示しています。

 

*

  • 再帰(2サブカテゴリ、11ページ)
  • 再帰理論(1サブカテゴリ、4ページ)

  • 量化(12ページ)

カテゴリ「数理論理学」にあるページ

このカテゴリには 123 ページが含まれており、そのうち以下の 123 ページを表示しています。