関係 (数学)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

集合 X1, …, Xk 上の関係 L とは、それらの直積の部分集合 LX1 × … × Xk である。

関係は集合の個数 k により分類される。

集合 X1, …, Xk定義域と呼ばれる。すべての Xj が同じ集合 X のとき、LX 上の k 項関係と呼ぶ。

脚注[編集]


参考文献[編集]

  • Peirce, C.S. (1870), "Description of a Notation for the Logic of Relatives, Resulting from an Amplification of the Conceptions of Boole's Calculus of Logic", Memoirs of the American Academy of Arts and Sciences 9, 317–78, 1870. Reprinted, Collected Papers CP 3.45–149, Chronological Edition CE 2, 359–429.
  • Ulam, S.M. and Bednarek, A.R. (1990), "On the Theory of Relational Structures and Schemata for Parallel Computation", pp. 477–508 in A.R. Bednarek and Françoise Ulam (eds.), Analogies Between Analogies: The Mathematical Reports of S.M. Ulam and His Los Alamos Collaborators, University of California Press, Berkeley, CA.

外部リンク[編集]